16シーズン振り返りチーム編

  なんといっても中口監督になっての16シーズン、馬場選手を軸としてボールを保持するスタイルでスタートし、開幕3連勝、4戦を終えて3勝1分けと絶好のスタートを切った。しかし、FC大阪に初黒星を喫してからは連敗を重ねてしまった。2戦目あたりからチラチラ見えてはいたが、ボールを保持しても決定機はそう多くなかったところが響いてきたのだろう。選手を替えたり、馬場選手の位置を前線にあげてボールを長めに入れるなどして試行錯誤を繰り返していたようにみえたが、なかなか結果はついてこず、セカンドステージは勝ちきれない試合が続いた。
  それでも坂本、久保選手が得点を重ね、稲垣選手がSBに適応し、小山選手がチームに順応したうえで持ち味を出してくるようになった終盤は、ボール保持と速攻の使い分けがうまくいくシーンが多くなったように感じた。得点自体も増えた印象で、来季に望みが持てる終わり方であったと思う。

  各チームとの戦績をみると、上位に負け、下位に勝ち、という中位チームらしい位置に落ち着いている。その中でもJ3に上がる沼津に勝てたのは評価できる点でないかと思う。来季はやはり上位4チームに五分の星にもっていく戦いを期待したい。そうするとMIO自体が上位に入ってくる公算が高くなるので。

  振り返るとFPは引退したヴィトル選手以外はすべて出場したのではないか。中口監督が軸となる選手は据えつつも、公平に選手にチャンスを与え、見極めようとした1年だったのではないか、と勝手に推測している。SAGAWAと違う環境で、なかなかうまくいかない面が多かったと思うのだが、采配や起用など含め「さすが」と思わせる場面は多々あった。来季どうなるのかはわからないが、できれば継続して指揮を執っていただければ嬉しい。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード