桝田選手引退

 昨日の今季最終戦後にスタジアムで発表されたとのこと。意外なような、そろそろかもな、と予感していたような不思議な気分だ。

 桝田選手は途中相模原に移籍してJ3でもプレー経験があるとはいえ、大卒で地域時代のMIOに加入してくれていたので、ずっとMIOにいてくれていたような気分でもある。記憶にあるのは昇格初年度の08年から。湖南スタジアムだったと思うけれど、開幕何試合目かに左SBで出場した。きりっとした表情は今と変わらず、肌は今より白かったかもしれない。左サイドを守りつつ、積極的にゴール前に入り込んでいく姿が印象的だった。その試合では右からのクロスを滑り込むような形で合わせてゴールを挙げたのを覚えている。
 この年は野村に何度か練習を見に行ったことがあるが、持久走ではいつも先頭を走っていたはずだ。当時のMIOはそれこそ運動量が生命線だったようなところもあるが、その中でもよく走っていた。駆け上がる半面、幾度も左サイドの裏を取られ、さすがにきつそうな表情を浮かべていたが、それでも懸命に駆け戻っていた。とにかくまじめな選手だなあ、という印象で、それは今も変わらない。いろんな選手の入れ替わりがあって、桝田選手は必ずしもレギュラーだったわけではなかった。それでも出たときは一生懸命にプレーしてくれて、自分としてはずっとレギュラーでいてほしいなあと思っていた選手だった。
 年を経てポジションも移り、11年だったかのホームhonda戦では中盤の底を務めていた。濱田選手のルーキーイヤーで濱田選手の2得点で勝った試合ではなかったかな、と記憶している。中盤の攻防で長い足でボールをひたすらからめとり、タックルで防壁を築いたゲームで、自分が見た中では桝田選手のベストパフォーマンスのゲームだった。その後、CBもやるようになり、佐川の御給選手あたりとも結構渡り合っていたと思う。相模原からの復帰後はベテランらしい状況判断のよいプレーが見られ選手として大きく成長したなあ、と感じられた。

 在籍年数こそ長いものの、プレーのタイプもあるし、試合出場数などから見ても、桝田選手はMIOの絶対的な柱だったか、といえばそうではなかったかもしれない。活躍できない試合だってそれなりにあった。それでも、そういう部分も含めて、ちょっと不器用なところもありながら、一生懸命に走って生真面目にプレーし続けてくれた桝田選手は、自分の中ではMIOの象徴といえる選手だったし、これからもそうなんだろうと思う。ご本人の思いは分からないけれど、ファンとして最後をMIOで終わってくれてありがとうございます、という思いでいっぱいだ。これからの人生も充実した素晴らしいものになることと思っている。
 
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード