VSソニー仙台

IMG_2182.jpg
0-2で3戦無得点


   斎藤中村
関口      坂本
   小山原口
久保田馬場大杉稲垣
    永富       こんな感じか。

 序盤からソニーのDFとFWの強靭なフィジカルに苦しめられ、防戦一方の展開が続く。ソニーのFWは体は強いは動き出しもパスもいいはで、入ってきたボールをほとんど支配され、そこを起点に幾度もサイドやラインを突破される。それでも久保田選手の懸命なシュートブロックなどで窮地をしのぐと、15分過ぎから少しずつMIOにも攻撃の時間ができ始める。プレー位置を少し下げた坂本選手や中村選手がボールをキープしている間にSBなどが駆け上がっていく格好で、外連味のないパス交換から幾度かいいサイド突破を果たした。しかしリズムをつかみつつあった30分ごろ、坂本選手がゴール前での接触プレーで久保選手と交代を余儀なくされる。するとまたもやセカンドボール奪取で優位にあったソニーが盛り返し、40分過ぎにMIOのCKからのボールを拾われて一気呵成の速攻でDFラインを破られ、失点。そのまま前半を終えた。

 後半はMIOがやや前に重心をかけた、とみた。DFラインからボランチに入ったボールを素早く回す攻撃ができるようになり、幾度か好機をつくる。守備陣もなんとかソニーのフィジカルに対抗しだし「そろそろ同点も」と期待がたかまったが20分ごろにハンドか何かでPKを取られ、突き放されてしまう。こうなると点を取りに行くしかないMIO。かといって前に出過ぎるとソニーに一発でやられてしまう、というジレンマの中、SBの位置を高くしつつ、CB陣が追加点を許さない獅子奮迅の働きで久保選手のシュートや中村選手の絶好のヘッドなど決定機をつくったが、相手GKの好守もあって点を奪えず試合を終えた。

 点は取れないし勝ちは遠い。試合後の選手たちの表情もさえなかった。ソニーは確かに強かった。Hondaのパラメータの連携をちょっと下げてフィジカルに移したような感じで攻守に隙は少なかった。特に守備では久保田選手のドリブルへの後ろからのタックルや、中村選手へのチャージなどファウルにならずに、かつ相手を倒すくらい強くいっていて「うまいなあ」と感心した。攻撃面でも、MIOのサイドでのパス回しは往々にしてタッチラインを割ってしまうが、ソニーはあんまり割らない。こういう点でも精度の差を感じた。
 しかし、かといってMIOがダメだったとは思わなかった。しっかりファイトしていたし、早いパス回しはソニー相手でも通用しているところはあった。後半のきわどいバランスでのゲームの進め方もよかったと思う。一点取れば変わると思うので、自信をもってやってほしいし、やってくれるだろう。

  この日はなんとヴィトル選手の引退発表。足のケガとかでやむを得ない。プレーしているところを観たかったが、次の人生にも幸多いことを願うのみだ。

 また朝日新聞の滋賀の販売店デーでもあり、企画盛りだくさん。1000人超のお客さんの中、コレオもあり、日刊スポーツの題字を使ったMIOのチラシ配布もあり、と華やかなゲームだった。だからこそ勝つなり点をとるなり、と思ってしまうが、そうだからといって点が取れるほど甘いものではないし、選手たちのファイトする姿勢は伝わった、と期待したい。声出しサポーターさんのところには子供たちも来てくれて、一緒に声を出して飛び跳ねていた。最後まで「点とろう」と応援してくれ、とても良い雰囲気だったと思う。こういうゲームを積み重ねていくことで先も見えてくるのだと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード