天皇杯1回戦 VS関西学院大

  1-3で2年連続2回戦進出はならず。本日はほぼ初のテレビ観戦。

    久保
斎藤 馬場 望月
  原田 小山
泉桝田大杉石間
    永富    馬場選手が下がる局面などあったが、ざっとこんな感じではなかったか。

 入りは関学大の技術にやや押され気味だったが、球際で奪ってつなぐことで5分過ぎにはリズムをつくることができ、CKから桝田選手のヘッド、小山選手のFKから馬場選手のヘッドなどで決定機を作り出した。前からの守備もうまくいき、セカンドボールも支配できる時間帯が増えた。しかし25分ごろ、MIOの左サイド中盤でかけたプレスをかいくぐられると、中に入れられたボールをFWにうまく振り向かれて失点してしまう。それでも優位は変わらず、石間選手が駆け上がって美しい軌道のクロスを2度描き、原口選手などがヘッドで合わせるが、GKの好守にあうなど決めきれずに前半を終えた。

 後半もボールは持てたが、相手GKの右サイドへの素早い配球から、DFが一枚はがされてパスを出され、FWにCBの間を抜け出されて追加点を許した。この時点でもシュート数は上回っているMIOはCKから大杉選手が頭で合わせて詰め寄った。だが、直後に、中盤への寄せが甘くなったところを、ゴール右上に見事なミドルをねじ込まれ、点差を広げられる。試合の進行とともにMIOに徐々に焦りが生まれ始め、単調な裏狙いのパス、サイドに出すボールがラインを割るなどあまりいい攻撃ができなくなり、そのままタイムアップとなった。

 印象としては、相手が全部決定機を決めて、MIOが外してしまった、というゲーム。どの得点シーンも相手のうまさをほめるべきではあるが、MIOとしては前半に一つでも決めていれば、3失点目を防げれば、というところだろう。ただ、今年の天皇杯は3試合とも前半にあっさり失点してしまっている。本選になると、ひっくり返すのが難しくなるのは当然で、前期中ごろあたりからなかなか改善されない悪癖が招いてしまった結果ともいえる。
 びわ大戦から感じてることとして、中盤でしっかりボールを奪いにいって、奪いきれなかったときにやられてしまっている場面が目立つ。奪いに行っている選手は、しっかり体も寄せていて、周りもプレスをかけていて悪いことは何もないのだが、ボールが不運な方向にこぼれてしまったときにうまく拾われてしまっている印象だ。かといって引いて守ればいい、というわけでもないだろうし、このゲームでも前からの守備で好機も生み出せていたので、難しいところだ。もう一つ気になったのが、斎藤選手の位置。守備面を考えてのことだろうが、斎藤選手は2列目に置いてしまうと攻撃の良さが出にくいなあ、と感じる。せっかく2列目に斎藤選手がいるのなら、追い越す動きなどの工夫があれば、かなり強力になるのでは、と思う。

 ただ、選手は結構ショックなのかもしれないが、そう悲観した内容でもない。崩せるところはしっかりできていたし、相手にそこまで崩されていた、というほどでもない。勝負ではままあることなので、リーグ戦に気持ちを切り替えてほしい。

 スカパー観戦ということで、シュート数表示やリプレイ映像があり、じっくりと見ることができた。解説者のかたの説明も的確(MIOも関学もよい点をわかりやすく取り上げておられた)でMIOを応援しながらも「なるほどなるほど」と思いながら見ることができた。布引の芝もよい、と言ってもらったしサポーターさんたちの姿(チャントもしっかり聞こえた)、横断幕もかなり映っていた。負けはしたが、MIOのことをある程度は知ってもらえただろうし、テレビ中継のあるチームになりたいなあ、と感じる観戦体験であった。が、映像があることでかえってスタジアムで悲喜こもごもを共有できない寂しさが募ることも痛感した。やはり近くで応援したいし、しようと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード