次はHondaと序盤戦の選手の印象

 次は昨年痛い目を見たHondaさん相手。今年はここまで調子が今ひとつのようなので、今季のチームならば、という思いは当然あるが、何せHondaさんなのでここから調子が上がって来るやもしれず、大阪や八戸相手に臨むような気持でもある。調子が今一つであろうとなかろうと、JFLの物差し的なチームであることには変わりないので、今年のMIOのよさを存分にだせると、自信が確信に変わるのではなかろうか。

 前期も折り返しを過ぎたということで、ここまでの選手の印象を振り返ってみる。勝ち越していることもあって、どの選手もいいのだけれど、今のところのサッカーの肝はやはり馬場選手だろう。確かな技術とセンス、フィジカルの強さで攻守にわたって有り余る存在感を見せており、頼もしい。馬場選手がいないときのサッカーを考えておかないと、と心配になるほどの選手だといえる。また目立たないがかつての中濱選手をすこし思い出させる小山選手や原田選手も、中盤での激しいバトルを支えてくれている。一方で、昨年からいる選手もいい働きをしてくれている。こちらも攻守に絶大な貢献を誇る斎藤選手はもちろん、大杉選手のベテランならではの対応や、ルーキーイヤーを思い出させる濱田選手の攻撃、望月選手のパス技術も発揮されているのがうれしい。坂本選手は、前節の試合ではこれまでになく、守備にも奮闘してくれていたし、サイドに回ってからも果敢な切り込みを見せてくれ、結果得点につながったのは、おもに中央を主戦場にしていた坂本選手にとっても大きなことだと思う。試合を重ねるごとに久保田選手や関口選手もJFLに適応しているなーと感じる。名将の指揮下、若手もベテランもこれまでになく成長してくれると確信できる序盤戦だった。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード