振り返り番外

 今年は初めてジュニアユースの試合を観戦できた。ヴィッセルJYとの1試合のみだが、その勝利で全国大会への切符をつかみ、全国でも1勝を挙げてくれた。
 ヴィッセルとの試合は、さすがに技術の高い選手をそろえたJチーム相手におされ気味だったが、粘り強い守備と穴を確実にふさいでいく運動量がよかった。MIO側も技術はしっかりしていて、いい攻撃を見せていた。しかしなにより素晴らしいと感じたのは、攻守の切り替えの速さだった。奪った瞬間、奪われた瞬間にチーム全体にスイッチが入る感じで、ここに関しては神戸を上回っていたと思う。
ガンバや名古屋には負けてしまったが、ユース年代のサッカーに向け、大きな経験になったのではないか。

 MIOはもともとJYチームのほうが早く発足したのだったかな?滋賀ではセゾンが有名だが、関西Jクラブへの流出もあり、県内チームが苦戦を続ける中で、今回の結果は県内にもインパクトを与えられたはずだ。セゾン→野洲だけでないルートが太くなるのは県内サッカーのためにもなるし、ほかのJYチームも「滋賀のクラブでもやれる」と切磋琢磨してさらなるレベル向上にもっていけると期待したい。

 またMIOというクラブにとっても大きい成果だ。トップチームの戦力、結果だけでなく、JYでもしっかり成果を出せている、というのはクラブ力の指標の一つを満たしつつある、といっていいはずだ。地域貢献、J入りを目指すMIOとしては、下部組織の充実は必須項目。そのあたりの事情をJYの子たちに背負わせていいわけではないが、そこで結果を出しつつあるのは、トップチームにとってもいい影響を及ぼすだろう。JYの指導陣の努力はもちろん、トップチームの選手たちも指導していることが強化につながっているのだろうから、やはり滋賀に全国リーグでやれているクラブがある、ということの意義を証明できたといえよう。東近江のJYはMIOでストライカーとして活躍した安部さんが監督をしており、こちらもゆくゆくはもっと強くなると期待している。
 今回のメンバーにはボールボーイをやってくれた子もいるのかなあ。トップチームに来てくれる子も出てくるとうれしいし、きちんと受け皿になれるトップチームであるクラブになっていくのが理想だ。その道を、少しずつではあるが、確実に歩んでいると思う。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード