VS鹿児島

 1-1で連敗せずも初勝利はお預け


   松本坂本
     斎藤
村上桝田面家高田
 吉崎吉弘大杉
     永富

 こんな感じではなかったか。高田選手が右SBの4バックだったかもしれない。

 快晴春日和の布引。開始から鹿児島に厳しくプレスをかけていき、サイドやトップに入ってくるボールをCB陣が巧みにはじき返す。鹿児島も中盤からしっかり来ることもあってか、まだ攻撃の形がないせいか、奪ったボールはシンプルに前線へ。両FWが競り勝ったり、抜け出しかけるもオフサイドなどで好機には至らない。それでも、坂本選手あたりが上手くボールを引き出す動きで鹿児島の左サイドへ何度か侵入する場面が出始め、15分ごろにはスローインから(だったと思う)ゴール前にはいてきたボールに面家選手がためらわず走り込み、きちんとコントロールして蹴りこみ、先制した。
 鹿児島もトップにシンプルに入れてくる場面が多かったが、吉弘選手ら老練のCB陣が上手く体を入れたり足を伸ばし、それほどの好機を作らせなかった。攻撃の方は松本選手の力強い競り合いや坂本選手の抜け出しが目立ち始め、追加点の機会もあったが、単発に終わるケースが多く、前半を終了した。

 後半になると鹿児島がサイドの位置を高くとってきた印象で、全体的に押しこまれ始める。サイドからクロスを上げられるようになり、ピンチも迎えたが、運動量を保ち、厳しくプレスにいったせいでボールを奪ってカウンターを繰り出す時間帯ができ始め、坂本選手や斎藤選手が仕掛け、追加点もあるか、という展開になった。しかしこれも単発のドリブルやパスミスで決定機には至らない。25分ごろにカウンターをしかけて奪われたボール(だったかな)を直接DFライン裏に出されると、オフサイドのかけそこないか、上手く抜け出され、GKと一対一となり、ループを決められて同点にされた。こうなると、運動量が落ちたこともあって一方的な鹿児島ペースに。選手交代をしてもセカンドボールをほぼ拾えず、えんえんと攻められ続けたが、最終ラインがなんとか耐えきって試合を締めた。

 展開をみれば勝てたように思える試合でもあり、終了後に選手たちが一様にがっくりしていたので選手たちの受け止め方としてもそうだったのだろう。ただ、戦力的に上位候補とみられる鹿児島相手の引き分けは悪くないと受け止めてもいいのかもしれない。なにせ今季初観戦で半数くらいが初めて見る選手だったので何とも言えないが、攻守にわたって選手個々のクオリティーの高さは感じた。ベテランDF陣はさすがの駆け引きとフィジカルの強さだし、中盤の面家選手の守備、持ち上がりのドリブルは素晴らしい。また両FWの体の強さとゴールへ向かう迫力はおおっ、と思わせるものがある。特に坂本選手のトラップからの抜けだしは華があるし、相手DFに相当な脅威となっていた。松本選手も競り合いに強く、守備も相当なレベルで、坂本選手と共に「上手く相手DFを倒すなあ」と感心させられた。かみ合えば、相当強力な攻撃陣になりえる。
 一方で同時に不安はその攻撃面でもある。新加入選手主体のせいなのか、強豪鹿児島相手だからなのか、どうしても個人頼みの単発になってしまいがちだったように思う。斎藤選手を最前線においてもいいんでないかな、とも思ったが、今日の相手ということでの布陣だったかもしれないので何とも言えないが。ただ、カウンターを再三繰り出せていたが、枚数不足だったり、皆が前で受けようとしたり、逆サイドを見落としたり、でちょっともったいないとも思った。今季は堅守速攻を目指すということなら、カウンターの精度を高めないと、なまじ能力が高いだけに個人任せになり、」勝ちきれない試合が増えてしまうかも、と心配してしまう。まあそれも個々の選手の能力の高さがあってゆえの心配だが。

 自分にとってやっと開幕。最高のサッカー日和だったし、新ユニがまぶしかった。会場もこころなしか華やかさが増していたように思う。サポーターさんが配布しておられたチャント集もよかった。やはりMIOの試合を応援に行くのは最高だ。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード