天皇杯県予選決勝 VSびわこ成蹊スポーツ大

 1-4の大敗


    木下
 斎藤   吉田
濱田尾形徳永吉崎
  石間宇野朝日
    桑水流

  開始直後こそ木下選手あたりが体の強さを見せ、昨年と同様の展開かと思われたが、今年はびわ大が前からの激しいプレスに加え、サイドを広く素早く使ってきて、たちまちにMIOのDFラインが下がってしまう。両WBも下がって5バックになったが、かえって下がったスペースを使われ、サイドを破られいっそう押し込められ、クロスを上げられて失点してしまう。下げられた分、前線も薄くなってしまい、ボールを奪っても距離が遠く、サポートが少なくてまた奪われる悪循環に陥った。またボールを奪ってボランチ陣に預けても激しい寄せにあっさりうばわれたり軽率なミスも重なり、前半はシュートどころかセットプレー以外ではほぼゴール前に迫れず終了した。

  後半は少しスペースもできて、WBも高い位置取りをし始めた気配があったが、相変わらず中盤が球際で負けてしまい、ドリブルで突っ込まれて立て続けに失点した。選手を替え、セットプレーで一点返したが、つなぎの出来なさは改善されず、さらに点を失った。宇野選手が中盤にあがり気味で縦パスを何度が入れたが、時すでに遅かった。

 びわ大の内容が良かったのは確かだ。果敢に走って食らいついていたし、サイドを広く使い、パスとドリブルを効果的に織り交ぜた攻撃は、強力な個人がいた昨年よりもむしろ良かった。もともとMIOが上、というわけでもないが、それにしても受けに回り過ぎた、というか受け切れなさすぎた。昨年はどっしり構えて受け、そのうえであしらって、という内容だったが、今回は終始後手に回り、まともなシュートもほぼなかった。あくまで素人の見た目の結果論だが、DFラインが早く下がり過ぎたし、WBも下がり過ぎた印象だ。
 びわ大がよかったので失点は仕方ないとして、中盤がちょっとさみしすぎる。球際であれだけやられると、攻撃態勢の構築などしようがない。大学生の気迫に呑まれたのか、そのうち挽回できると余裕を持ちすぎたのかは分からないが、信じられないミスが続いたのは残念だ。単発のボールを木下選手がおさめても、はたいた後につなげないのではどうしようもないし、斎藤選手もいいボールが入らないことには良さを出しようがない。終盤に宇野選手が鋭いくさびを何本か打ち込んでいたが、なにからなにまで宇野選手がしないといけない、というのはどうかと思った。

 正直かなり深刻なように思う。選手が手を抜いているわけではないのは分かるし、安直な精神論に走りたくはないが、今日は球際で競り勝ってやる、という気持ちが中盤からはほぼ伝わってこなかった。MIOの試合を見てきて2-8、0-6くらった時よりもがっかり、というか一番腹が立ったくらいの試合だった。近くで観戦していたサッカーチームの子供さんたちは1-3まではけなげにMIOを応援してくれていたが、終盤はさすがにびわ大に声援を送っていた。その通りの内容だったと思う。

 と素人が偉そうに書いてしまったが、後期はこれから。開き直って暴れてほしいし、また応援に行きたい。力がないチームではない、ということはよく分かっているつもりだ。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード