W杯敗退など

 ブラジルW杯は1分2敗で終えてしまった。なんとかGLは抜けられるのでは、と期待していただけに残念だし、選手のショックは大きそうだ。振り返ればコートジボワール戦が一番痛かった印象だ。せっかく先制したのだし、追いつかれても引き分けならまあいいか、と考えておけばいいのに攻守に中途半端だったように思う。選手の動きもかなり重そうに感じたし、コンディションづくりも良くなかったのか。

 まあ終わってしまったことだし、同程度の成績だったドイツW杯時に比べるとそこまでの絶望感はない。当然選手はショックだろうしここぞとばかりに「世界との差」を言い立てるメディアや評論家もいるが、多くの選手が海外のクラブでやれてる。香川選手や本田選手の出場機会が少なかったとはいえ、出ればそこそこにはやっているのだから、選手たちが「世界との差はあまりない」と考えてもそこまでおかしいことではない。また今回は南米での大会ということも考えないといけない。欧州での大会は南米勢が割に早く敗退するし、南米はその逆だ。世界との差があるからGLを敗退するのなら、イタリアやスペイン、イングランドにも「世界との差」があったことになるが…。選手たちは本当に悔しいだろうし、これまたメディアが好きな「今後の日本の道」を考えたくもなるだろうが、所属クラブで頑張って戦っていけばおのずと道は決まってくる。結果についていろいろ言われるのは仕方ないが、選手たちがピッチに立ってボールを蹴って追いかけて、すべてはそこから始まることだ。

 W杯は90年大会から見始めたくちだが、日本にもすっかり定着して嬉しいことだ。ただ、ネット含めたメディア見ても敗退決まった途端、日本サッカーの力全否定のような記事やコメントもあって、極端だなあというか、サッカーしてないどころか、普段サッカー見てないのかなあというものがいくつかある。終了間際のパワープレー非難(どうせするんだから豊田選手いれとけよ、というのは別)や、SBのクロス批判(そりゃ工夫はいるが、相手も必死でついてくるのに毎回完璧に上るかっての)が平然と語られて、同調する向きが多いのにはちょっと驚きだ。
 結局若年層は別として、自分の世代から上はサッカーしたことがない人が多いし、生観戦している人もそう多くないのだろう。コロンビア戦の展開なんか、JでもJFLでもよくある展開で、コロンビアは素晴らしいけど試合のアヤみたいなもので点差通りの力の差、というわけでもない。「FIFAランキング通り」としたり顔でいう人はホントにサッカー見てるの?と思う。ランク通りならなんでギリシャに一番勝てそうな内容だったのか、と。ランクだけなら日本も瞬間的にひとケタいっていたようなこともあるんだけどなあ。
 
 そのあたりも含めてやっぱりサッカーをやる、生で観るということがさらに根付いていかないと選手や代表に対しておこなうべき批判もできないのではないか。5分ボールをけるだけで、フットサル1試合やってみるだけで分かることは山ほどある。日本代表は敗退したけど、街中ではたくさんの子供さんたちがメッシの真似したりして楽しそうにボールを蹴っている。これでいいとおもうし、これこそW杯の楽しみ方じゃないかと痛感した。

 喪失感がドイツほどでない理由としてMIOの存在は大きい。戻る場所、というと失礼だがやはり身近に応援するクラブがあるというのはいいものだ。とりあえず29日の天皇杯県代表の座を勝ち取りたい。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード