VS八戸

 1-5の惨敗


    木下
金 尾形吉崎松永
    宇野
二戸池野朝日濱田
   桑水流


 序盤から両チームともボールを落ちつけられない展開となる。いきおい、セカンドボールをどちらがおさめるか、という戦いになったが、MIOはここで引けをとってしまい、ボールがほぼつながらない。サイドによい感じで回してもつなぎのつまらないミスでボールをあっさり失うことが続いた。そうなるとセカンドボールを収めている八戸が徐々に良い形で前を向く機会が増え始め、カウンター気味の流れからFW,サイドが鋭くMIOのDF陣を突き始めた。八戸の7番がいい選手だったこともあってか、サイドの攻防でも後手に回り始め、突破から許したCKから失点してしまう。
 MIOは金選手の頑張りで左サイドが使えるようになり、ボールも回り始める。サイドから何度がしかけ、クロスを上げたり相手DF陣を押し込める展開になったが、決定力を欠いたりパス交換のミスなどから好機を生かせず前半を終えた。

 後半頭から斎藤選手を投入。するとボールの収まりやつなぎもわずかながら改善する。しかし足を止めない八戸に対し、今度は中盤から後ろにミスが出始める。長さの合わないパスをカットされては何度もピンチを招き、PKで追加点を奪われると集中力が切れかけたのか、ミスを連発。コミュニケーションの拙さやカウンターで次々に失点し、4-0に。CKから朝日選手のヘッドで一点返すものの、さらに追加点を奪われて試合を終えた。

 真夏のような日差し、ぼこぼこのピッチと厳しい条件だったと思う。八戸もしっかりしたいいチームだった。しかしながら、ちょっと集中を欠きすぎた試合ではなかったか。前回ホームのようにしっかり走って球際も、という動きをみせていたのは金選手だけだった印象を受けた。また、ボールがおさまらないなら、それなりにやり方を変えるなど対策をとってほしかったが、ちょっと単調な攻撃になってしまった。斎藤選手がでてきてさすがの動きを見せてくれたので、ほかの選手もああいう正確なトラップ、ボールのおきどころをまねてリズムをかえるなりしてほしいところだ。

 正直これまでMIOのホーム試合を見てきた中でも結構ながっかり度だった。選手はさぼっているわけではないし、なんとかしようという気持ちも見えるが、その分ちょっと足元がおろそかになってしまったというか、丁寧にしてほしかった。この日はとなりで高校総体をやっていたようで、県内のサッカー好きが結構集まっていたなかでいいゲームを見せられなかったのは残念だ。試合後の選手の表情からはかなりの落胆ぶりがうかがえたので、選手が一番こたえているだろう。中断期間をうまく生かして、後期には見違えるようになっていることを信じたい。
 夏前というのに異常に暑かったこともあり、2009年のホーム鳥取戦を思い出した。格上相手に運動量でも圧倒しての勝利。試合後バックスタンドにあいさつにいった後、細貝選手が熱中症でその場で倒れ、ほかの選手に背負われていった姿を。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード