VS横河武蔵野

 0-3で3連敗


  阪本岡本
金     斎藤
  谷本徳永
濱田池野宇野吉崎
   金谷


 気温が低く、風もやや強い中での試合開始。序盤から両チームともボールがなかなか落ち着かない展開になるが、横河が近年になくフィジカルを前面に押し出してくるところで後手を踏み始める。また3バックの分、サイドに振ってくる横河の攻めもあり、受けに回る展開になった。それでも守備陣が踏ん張り、ボールをはじき返していく。奪ったボールは中盤の底の2人がテンポよくつなごうとするが、ミスや横河の厳しい寄せもあり好機は生み出せない。斎藤選手や金選手が前を向いて仕掛ける回数も少なく、1度右サイドを起点にテンポよくつないで徳永選手がシュートを放った以外は、ほぼシュートといえるものもなく、前半を終えた。

 後半に入ると相手のやり方に慣れてきたこともあってか、岡本選手あたりにボールが入る回数が増え、左右両サイドをえぐる攻撃が出始めた。盛り返せるか、と思われた20分ごろ、中盤のパスミスを奪われて一気にカウンターをくらい、右サイドからクロスを上げられて失点してしまう。すると集中してきた守備にも疲れのせいか不用意なミスが目立ち始める。木下選手など攻撃的な選手を入れるが、終盤にカウンター、CKから続けざまに失点し、試合を終えた。

 横河といえばスマート、ケレン味のないパス回しのチームという印象だったが、昨シーズンくらいからフィジカル系統に転向したのかな。横河が3バック、5バックということもあり、昨年の天皇会県予選が攻守所を入れ替えたような感じの試合だった。攻めてはサイドを防がれ、守ってはサイドを突かれ、と厳しかった。MIOの中盤も頑張ってはいたが斎藤選手以外、JFL強豪の寄せ、球際に対してのボールの受け方、持ち方がやや不慣れだったように思えた。試合終了後、宇野選手が徳永選手に体の向きをアドバイスしているように見えたのはそのあたりだろうか。ただ、パスでかいくぐろうとする意図は良く分かったし、いい場面もあったのであとは連携だろう。

 3連敗と早くも苦しい波が来た。今日はシュートが少なかったこともあり、見せ場はほぼなく、正直ちょっと淡泊すぎないかなあ、と感じる試合だった。守備陣は良くやっていたし、1失点目もしょうがない。中盤は経験の浅い選手が多くて仕方ない面もあるが、FWへあれだけボールを運べなくては苦しいだろう。斎藤選手はさすがの動きだったので、阪本選手がもう少し降りてボールに触ってリズムをつくって、という風にはできなかったものか。ここのところ、中盤でキープできて違いを作れるタイプの選手がいない。いないのは仕方ないが、流れをつかむ、変えるという点では、経験のある阪本選手がやってくれないと。終盤に宇野選手がちょっとポジションを上げてリズムを変えていたが、守備であんだけ奮闘して中盤まで任せるのはいくらなんでも、という感じなので。
 悪天候でお客さんも少ない中、エスコートキッズの子供さんたちが一生懸命声を出していた。子供は正直なので、負け試合ではスタンドで「MIOよわっ」という声を聞いてむかっとするものだが、今日のお子さんたちはホントに頑張って声援を送って、試合後も「また頑張れ!」といっていた。サポーターさんたちもいつもどおり声を出して、負けても温かい拍手をおくっていらっしゃる。そのあたり、選手の皆さんもよく分かっているだろうが、もう一度思いをはせていただきいところだ。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード