公園でボールを蹴って考えた

JFLがシーズンオフなので、週末は同僚とのフットサルのほか、サッカー可の公園で身内とボールを蹴る機会が増えている。自分の子ども時代に比べてもサッカーをやる子が増えたと感じる。そんな中で、小さい子が一人でサッカーしてたり、数人でもミニゲームの人数が足らないようで、かつ支障がなさそうなら、親御さんらの許可を得たりして声をかけ、ミニゲームに誘うようにしている。もちろん、大人のポジションは子どもの希望がない限りはGKやDF。子ども相手なのでけがしないよう、しっかり寄せにはいくが、チャージなどはなし。攻撃を中心に子どもが好きなプレーを楽しんでもらうことを心がけている。
いいプレーには「おっ、ええドリブルやん!」「うまいなあ!」とほめる(無理してほめずとも、今の子は皆いいプレーをするが)ようにしているし、とにかく笑顔で、半分本気で遊んでいる。手を抜きすぎると子どもが面白くないので、トラップがちょっと大きいところは奪ったり、時々抜いていったりして、楽しいながらも「むき」になってもらうように。もちろん指導者ではないので、無責任に技術を教えたりアドバイスはできないし、しない。「サッカー習ってるの?」くらいは尋ねるが、大人が色々話しすぎると重荷に感じる子どもさんもいるので、あくまで子どもさんペースを大事にしている。
一緒にボール蹴った子の中には、もしかしたらいつも一生懸命練習しているテクニックを試合でうまく出せない子や、出場機会がなくて腐りかけてる子もいるかもしれない。なので、のびのびとプレーしてもらい、こちらも一緒に楽しんでサッカーを一層好きになってもらうことだ、と思っている。まあ中には低学年ながら、プロ目指してチームとスクールをかけもちして、さらに「自主練してました」いうとんでもなく上手い子もいて、「ちょっと相手したろか」と思ったら完全にグロッキーにさせられたのはよい思い出だが。
「あの時、公園で見ず知らずの大人相手にドリブルで抜いてゴール決めた」ということが、愉快な思い出やちょっとした自信につながるようなことがあれば、もう万々歳だ。日が傾いて親御さんが迎えにきて「じゃあそろそろ終わろっか、今日はありがとね、またね」と言っても「もう少しやる」と、やめようとしない子どもの顔をみると、声かけてボール蹴ってよかったー、と思う。
年もあって、終了後はクタクタになる。日々子どもに向き合っている指導者の方々は、本当に心身ともに日本サッカーの基礎を支えているんやなあと感心するし、ありがたい。なかなか地域で人気が上がらないMIOを応援していると、どうしたら人気が上がるのか、といろいろ考えるが、サッカー好きの一個人としては地域の公園で子どもと大人がボール蹴ってわいわいして、その姿が自然と他の人の目に映る、というのも大事かなあと思う。サッカーを好きになっていけば代表やJ、地域のチームの姿も視野に入ってくるだろう。興味がなくても通りがかった人に「このごろの子はみんな楽しそうにサッカーやってるな」と認知してもらえれば、関心を持ってもらえるかもだし、サッカーを始めとするスポーツへの公金投入も理解されやすいだろうから、結果としてサッカーのパイ自体も大きくなる可能性がある…とはうまく行かないだろうが、MIOを応援してボール蹴って楽しんで、という生活を続けていきたい。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード