VS横河武蔵野

 1-2で逆転負け。


   鈴木奥村
    片桐
 濱田山道野口今井
  中村宇野朝日
    永富(こんな感じではなかったか)

 序盤から積極的にボールにプレッシャーをかけていく展開で、相手のFWを中村選手と朝日選手がうまく捕まえ、宇野選手がフォローして中央を固め、相手にチャンスを作らせない。中盤もこの形がうまくはまったのか、インターセプトにボールホルダーへの寄せからの奪取ができ、主導権を握った。横河も切り替えが早いので好機はなかなか生まれないが、片桐選手がためて鈴木選手らに、という形が再三見られ相手陣内でファウルを得る回数が増えた。30分にはCKから鈴木選手がこぼれ球?を押し込んで先制、その後も鈴木選手が好機を生みだすなど終始優勢に前半を終えた。

 後半に入ると横河がサイドを広く使い始め攻撃の圧力を高め始めた。MIOもDF陣が必死に応対し、あいたスペースに鈴木選手や奥村選手が走って好機を作った。奥村選手の切れのあるシュートもあったが追加点にはならない。横河がFWを交代させ、さらに攻勢を強めるも、なんとか耐えきれるか、と思った35分ごろ、左サイドを崩されて上げられたクロスを決められて同点、さらに3分後には前に出ようとしたところを裏を突かれて逆転された。木下選手を投入するも横河の守りを崩せず、タイプアップを迎えた。

 前半は本当に良かっただけに勿体ないゲームだった。2点目を取っていれば、ということなのだろう。横河の後半からの攻勢に何か手を打てばよかったのかもしれないが、前半がいい形だっただけに難しかったのかもしれない。
 残念なゲームだったが、この日は片桐選手の良さが目に付いた。キープ力だけでなく、ボールのもらい方、出し方、こぼれ球への読み、ボールホルダーへの詰め方などが秀逸で、さすがに経験豊富な選手だなと感心した。中盤でちょっとタイミングを変えられる、という今季のMIOにかけている部分をうまく補ってくれる、いい強化だといえる。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード