天皇杯1回戦 VS佐川印刷

 0-2で初戦敗退
    

    鍔田
 東矢    奥村
濱田 山道野口 今井
  朝日宇野日向
    永富

 県予選決勝と同様の布陣でスタート。序盤から佐川印刷の圧力をもろに受ける格好となり、開始早々にとられたFKから相手FWに合わせられて失点してしまう。球際で押してくる印刷に対して受け身となり、3バックもサイドのスペースを使われるなど主導権を握られ、15分ごろには左サイドを破られ、山道選手か宇野選手がいくのか迷っているうちにクロスを上げられ、中で合わせられて2失点目を喫した。MIOも20分ごろからようやくボールを持ち始めるが、ビルドアップの段階で印刷のプレスを受けるとミスを重ね、効果的な攻撃につなげられない。濱田選手が左サイドに張り出して裏を狙う動きを見せるが、チームとして上手く使うシーンは少なかった。

 後半は中盤にややスペースができたこともあり、主導権を握り気味になったが、印刷も回させるというのか、のらりくらりと対応し、最終ラインの堅さでいなされる。それでも奥村選手にかえて片桐選手を投入すると東矢選手を中心にリズムが生まれ始め、印刷を脅かすような攻撃も出てくるようになった。東矢選手が左サイドから切り込み、鍔田選手(だったかな)、片桐選手とバー直撃2連発のシュートを放ち、得点への気配も見せ始めた。印刷の鋭いカウンターをなんとかこらえて攻撃に移るが、やはり中盤で回しているところで相手の圧力に屈してしまう場面が目立ち、タイムアップとなった。

 前半15分までの2失点はなんとももったいないが、受けに回って試合に入り、球際で負けていた時点で印刷に分があったゲームだった。大学生相手ならきっちり受け切れたが、JFL相手だと厳しかった。つくりかけたチャンスも、中盤でちょっとこねたところを詰められるなど勿体ないミスが目立ったように思う。3バックはサイドを突かれる半面、この日の濱田選手がみせたように、WBの高い位置取りも可能なので、シンプルにサイドを変えて裏狙いでも、というシーンがあっただけに余計にそう感じた。
 ただ、シーズン前のロングボール一辺倒に比べると中盤で回しながら攻める、というやり方も少しずつ良くなっているように見えたのでしばらくは我慢か。片桐選手もパワフルかつ高精度の左足で可能性を感じさせてくれたし。
 
 勝てばサンガ、というゲームで残念ではあったが収穫もゼロではなかっただろう。スタンドにはサンガの大木監督や森岡コーチらの顔も見えた。佐川印刷は3年前にサンガに勝ちかけていただけに、今度はなんとか仕留めてほしい。
 
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード