VS YSCC

1-2で3連勝でストップ。


  木下中村
渡辺    奥村
  山道鎗田
濱田池野宇野今井
   永富

 これまでと同様、前半からロングボールを蹴って押し込んでいく。YSCCは左サイドを中心に割に細かい組み立てをしようとして対照的なスタイルとなった。とはいえ、ともに思い通りの攻めを出来ず、中盤でボールが行き交う時間帯が多かった。YSCCがサイドバックを絡めてゴール前に迫り、MIOもロングボールに競り勝った中村選手が落としたボールに奥村選手が走り込み、決定機を迎えるがともに決め切れず、前半を終えた。

 後半も似たような入り方だったが、15分ごろYSCCが左サイドから出したボールにFWが上手く抜け出して先制されてしまう。リードされたMIOはサイドバックも上るようになり、サイドを効果的に使って押し込み始める。たびたび敵陣近くでファウルを受けて、奥村選手が決定的なシュートを放つなど猛攻を仕掛けるが決め切れない。するとスペースができた分、YSCCもボールが効果的に回りだし、何度もカウンターを受け、左サイドで許したFKからバウンドが変わってか直接決められ、リードを広げられた。久保田選手らを投入して反撃にかかり、ロスタイムに左サイドから入ったクロスの混乱から今井選手が突き刺して追いすがるが、タイムアップを迎えた。

 決定機の数はMIOも結構あったのでもったいない敗戦といえばもったいない。ただ、昨年のチームだったら0-2のままで終わっていたようにも思うので、終盤に一点返してくれたのはよかった。SB陣が攻め上がると攻撃に厚みが出るが、まあチームのやり方もあるだろうし、バランスが難しいのだろう。しかしリードされてからの攻撃は迫力があったので、どこかで打ち出していきたいところだ。これから強豪との連戦が続くが、しぶとく勝ち点を拾っていきたいところだ。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード