体罰

 続発する体罰問題が柔道代表にまで及んできた。日本のスポーツ界ではどこにでもあるんだろうな、と漠然と思ってはいたが、代表級まであるとは思わなかった。体罰については、いろんな人がいろんな考えをいうので論点がずれがちだ。そもそも「体罰」は体への罰、ということで、道徳的や社会的に何か悪いことをした時に行われる(暴力で罰するのがよいかどうか、という議論は置いておいて、言葉の定義ということで)行為を指すはずだ。
 
 高校バスケ部など一連の場合は、「プレーの失敗」などに対して行われており体罰というより「暴力を用いたスポーツの指導、コーチング」にあたるといえる。この行為に対しても、「強くなるためには必要」「選手を思ってのこと」などという擁護論もある。暴力の効果はあとで云々するとしても、指導だ、といったところで第三者から見れば、合意を得ない一方的な暴力行為であり、大阪のバスケ部や柔道のケースは受け手である選手が嫌がっている、という時点でアウト、だ。告訴されても文句を言える筋合いはないし、場合によっては十分に立件できる。議論の余地はないものと考えられる。

 少々ややこしいのは「信頼関係があれば」「それでも効果は大きい」と言われる場合だろう。つまり、暴力による指導やコーチングがパフォーマンスの向上を促す、という主張だ。日本では根強い主張だが、科学的に考えてパフォーマンスを向上させるには筋肉に負荷をかけ強くする、理想の動作を繰り返して伝達神経を適正化する、など選手自身が体を動かし、イメージして自得するほかあるまい。殴って筋肉量が増える、持久力が増すということはまあないだろう。殴るだけで失敗行為(踏ん張れなかった、うまく体がうごかなかったなど)が改善されるとは物理的には考えづらい。
 要するに暴力指導を肯定する人たちが言いたいのは「そこまで体を動かすように追い込ませる」「適正な動作を意識させるため」という精神的な部分に効果があるのだ、ということだろうと思われる。しかしこれも「暴力による精神的な圧迫」しか手段がないのだろうか。またほかの手段と比較、検証してそういう結論に達しているのだろうか、というとどうもそうではないようだ。物の本を読むにつけ、暴力よりも適切な説明、激励のほうが心理面でよい、というコーチングが主流のようだし、恐怖で体が縮こまってしまったり、判断を指導者まかせにしてしまうというマイナス面もあると考えられる。あらゆるコーチング、心理学、脳科学などを比較研究、実証した結果「暴力指導が最も効果的」と主張する指導者がいれば、根拠だけは聞いてもいいなとは思うが、まあそういう人はまず見当たらない。要するに、根拠がないのだ。

 じゃあ今度は、根拠があればいいのか、選手の信頼があればいいのか、という話になりかねない。これに対しては、スポーツの本質という観点から反論したい。まずもって、精神的に強制され、殴られないとプレーできない、スポーツできないというのは、自発性を前提にするスポーツの本質から大いに外れている。自分はスポーツ大好きだが、たかがスポーツ、でもある。そこまでしてプレーすることに何か意味はあるのだろうか、と思う。ましていい大人であるトップ選手が殴られ、精神的に圧迫されてプレーしてます、という競技のどこに魅力と価値を見いだせ、というのだろうか。

 個人的な話をすれば、小さい頃、実家の裏の公園で酔っぱらったおじさんのような指導者が怒声とびんたをとばしている少年野球と、タイムアウトの度にカメラの前で直立不動の選手に罵声を浴びせる女子バレーの中継が大嫌いだった。小さな子供が、いい大人が暴力と怒声に身を固くして縮こまっているのは傍観者にもいい気分ではない。また、陸上をしていた経験からも、やらされるより、「速くなりたいからもう一本ダッシュ」と自分で自分を追い込む練習の方が身になったように思う。コーチングが進んでいるとされるサッカーはまあ暴力指導が少ないほうではあるだろうし、怒声を飛ばす少年サッカーのコーチもほとんどみない。このまま良い方に歩んでほしいものだ。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード