シーズンを終えて

 シーズンを終えたので振り返りをまとめておこう。相変わらずホームゲームしか観戦できていないが、やはり今年はホームでの勝利が少なかったので、好成績の割にはどうしてもチームの良さより、弱点のほうが目に付きがちだった。それでも、昨シーズンの終盤のシンプルなサッカーでスタートを切って勝ち星を稼ぎ、中盤以降はパスを取り入れようとしながらのこの成績は、首脳陣のマネジメントがなかなかうまくいっていたということのあかしだと思う。
 チームとしては、どうしてもゲーム全体のコントロールを欠いてしまった印象がある(ホームのみの印象だが)。その任にあたれる選手がいなかった、といえよう。多分秦選手が適任だったのだろうが、チーム編成の関係か出場機会があまりなかった。2009は田中大選手、2010は安里選手がコントロール役を担った印象があったが、今年は思い浮かばない。桝田選手や半田選手はタイプが異なるし。前半のサッカーはともかく、シーズン後半のサッカーではこの役ができる選手がいれば勝ち星をさらに積めただろうし、実際それだけの可能性は見せてくれていた。
 個人的なMVPはFWが菅原選手、MFが東矢選手、DFが宇野選手と山田選手だろうか。全体としては前線で奮闘していた菅原選手になるかな。サポートがあまりない状況で、よくあれだけ点を重ねてくれたものだ。来季も残留して得点王を狙ってほしい。
 
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード