天皇杯滋賀県予選決勝

 0-3で完敗

   
  菅原木下
半田    東矢
  阪本桝田
寿 畑 宇野山田
   永富

 序盤から中盤での激しいつぶしあいとなり、互いに譲らない。SAGAWAはサイド攻撃、MIOはボール奪取からのカウンターで持ち味をだした。精度に勝るSAGAWAが押し気味になり、1度PA内で決定機を許したがなんとかしのぐと、今度はSAGAWAのPA前でボールを引っかけた桝田選手(だったかな)がそのまま突っ込み、倒されたように見えたが判定はノ―ファウル。すると直後にSAGAWAがサイドから切り込んでパス交換してシュート、先制した。次第にSAGAWAのボール回しの正確さが増す中、木下選手らが再三好機を生み出しかけるが、決定機を作りきれないうちに失点した。

 後半は開始直後からアラン選手を投入して攻勢に出て、2度ほど好機を迎えたが決め切れず。すると直後にSAGAWAに決められ、突き放された。最後まで攻撃姿勢を貫いたMIOだったが、SAGAWAのDFラインを崩しきれず、タイムアップを迎えた。

 MIOも持ち味を出していただけに、完敗と言える一戦だった。MIOが守備で大きなミスをしたとか、完全に崩されたというわけではないだけに、やはりPA前でのパスの精度、シュートの精度がスコアに反映されてしまった格好だ。これで天皇杯決勝ではSAGAWAに全敗。何とも高い壁だ。SAGAWAには滋賀代表として、ヴィッセル(1回戦は突破するものとして)をなんとか打ち破ってほしい。MIOはリーグ戦に切り替えて、順位アップを狙いたい。しかし、またもや観戦試合で勝利ならず。来月は大丈夫だと信じたい。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード