年末回顧⑤

FW

安部選手 前シーズンと違って序盤から定位置をつかみ手堅く得点を重ねた。しかし怪我で離脱したことや、木下選手のワントップ気味布陣が機能した影響もあり、交代出場が多かった。相変わらず前線から激しく守備に走り回り接触プレーをいとわない姿勢は健在で、木下選手にも好影響を与えたのではないかと勝手に推測している。来年こそ2桁得点を。

アラン選手 交代出場か、終盤はサイドハーフとしての先発が多かった。ボールを受けるポジションなどで課題はあるものの前を向いたら怖い存在で、とくにリードした展開で入ってきたときのカウンターは、田中大選手のスルーパスとあわせ、かなり効果的だった。アラン選手が走って田中選手がボールを出せば即、GKとの1対1、というシーンも多かった。ホーム長崎戦ではサイドでも結構やれていたが、やはりFWで得点を量産する選手になってほしい。

内林選手 今シーズンはFW登録でトップに張っていた試合もあった。ほかの選手の台頭で出番は多くなかったが、ホームSAGAWA戦での決勝点など重要なゴールを挙げた。スピードと力強さを生かしたあのゴールは本当に美しく、内林選手のよいところが凝縮されていたなあ。引退は本当に残念だが、来季からはチームスタッフとして残るみたいなので、MIOとともにいてくれるのはうれしい。

木下選手 序盤からコンスタントに得点をかさね、FWの柱、MIOのエース的存在に成長した。最初はポジショニングのいいFWと思っていたが、守備もポストプレーもできるし、積極的な突破も試みるようになるなどシーズンを通じて大きく成長したと思う。身体能力などに恵まれているが、高さや体の強さに頼らず絶えず動き出しなどに工夫を重ねている様子が伝わってきて感心させられた。残ってくれることを信じて、来季こそ得点王を狙って欲しい。

幸山、高橋選手 幸山選手は出番がなかったし、高橋選手もあまり見られなかったのでなんともいえないが、高橋選手は新天地で、幸山選手はピッチに立つべく頑張ってほしい。

 今年はMIOにとって確かな手ごたえのあった年だったと思う。来年も楽な戦いというわけには行かないだろうが、自身を胸に上位目指してほしい。上位チームとの戦績をみても、優勝争いに割ってはいるだけの力はある。あとはピッチで結果を出すだけ。来季もできるだけスタンドで応援したい。
スポンサーサイト
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード