VS栃木ウーヴァ

 1-2の逆転負け

     久保
久保田 中村 原口
    小山小山
瓜生門司 馬場稲垣
     石原

 序盤から中盤でひっかけては速攻を繰り出し、主導権を握った。5分には左サイドから瓜生選手が裏に出したボールに久保田選手が反応、ひっかけてこぼれたボールを中村選手がきっちりきめて先制した。相手がMIOと同様に苦しい戦いを続けている栃木ということもあってか、面白いようにボールが回る時間帯が多く、サイドから、中央からと多彩なルートで長短のパスを織り交ぜて好機の山を築いた。久保選手と中村選手の息もあい、連携の深まりを感じさせた。守備では、栃木の若林選手に収まるボールに手を焼くものの、さほど大きなピンチは作らず、小山大選手は中盤の底で果敢にインターセプトに挑み、栃木にリズムを作らせていなかった。追加点も時間の問題、という展開だったが、最後の精度を欠き、前半を終えた。

 後半も引き続き主導権を握り、特に左サイドをほぼ制圧。面白いほど裏を取れたが、中に上げるボールが精度を欠いた。久保田選手からのクロスが久保選手にドンピシャ、のシーンもあったが、シュートはわずかにバーの上。久保選手に代わって坂本選手が入った時間帯あたりから、MIOの運動量が落ち始めたのか、こぼれ球を拾われる展開が目立ち始めた。すると20分ごろに失点、数分後にもマークに行っているところをパスで振り回されて逆転を許してしまう。あせって前に重心を移したせいか、DFラインの前が奇妙に空いたところでこぼれ球を拾われる展開が目立ちはじめ、攻撃の糸口さえ失い始めた。終盤に馬場選手を前線に上げると馬場選手がさすがの競り合いで幾度もボールを収め、ゴール前に詰め寄るが、最後の一線は割れず、タイムアップとなった。

 勝てた試合、勝たないといけない試合、といわれるような内容だったといえよう。奈良クラブ戦の再現に近いものがあった。確かに内容はよく、ゴール前に幾度も迫れた。だが公式記録を見るとシュート数自体は12本。少ないわけではないと思うが、今日の内容だったら20本は打っていても、と感じた。フィニッシュの精度云々もあるが、好機を作っているわりに、フィニッシュ自体に持ち込めていない、ということなのだと思う。これはクロスとCKでも感じるのだが、結構数を取っている割には決まっていない印象がある。気になったのはクロスに対してGKの前に飛び出していく選手がいないこと。ファーかGKの位置で待っていることが多く、これではクロスによほどの精度と速度がないと厳しい。
 守備もよく頑張っていると思うが、2失点目のシーンではどこかで体を強く寄せておかなかったことが最後に響いてしまった、と感じた。奈良クラブ戦と同様、時間が進むとセカンドボールを拾われる率が上がったことも影響しているのだと思う。

 これでほぼ降格圏内に入ってしまったことになる。僅差のゲームばかりとは言え、結局あと一点が取れない、あと一点が守り切れないから現在の順位になってしまっているわけで、10試合くらいこのようなゲームが続いている以上、これが現在のチームの力と言わざるを得ないだろう。残り試合はまだまだあるが、現在のチーム力を踏まえると、残留を確実にするためには、今日のようなてん末が許される試合は、もうあまり多くない、と覚悟している。

 と、がっくり来る負け方だったので気分も重めで悲観的になっているが、中村元選手のMIO初ゴールも見れたし、応援はにぎやかで楽しかったし天気は良かったしそう悪いことばかりでもない。奮起してやってくれる選手たちだと思うので、精一杯応援を続けていきたい。
スポンサーサイト

VS東京武蔵野

続きを読む

VS 奈良クラブ

2-2で連敗は停止

    久保
関口 中村 原口
   小山嘉茂
瓜生門司馬場 金
     石原

 GKを替える、金選手起用など結構な変更をして臨んだ。奈良クラブがわりに前から来るため、DFから長めのボールを入れる展開でスタート。中盤ではテクニックに優れた奈良の選手に持たれるが、DFラインで奪って前につけると、奈良SBの裏をつける格好になった。左からは関口選手が、右からは原口選手あたりが金選手をうまく使って突破、幾度かゴール前に鋭いクロスを送ることができた。奈良はMIOが長いボールを入れる分、中盤で保持できる時間も多く、個人技術でMIOゴール前に迫ってくるが、DFラインが何度も跳ね返し、事なきを得る。
 決定機はMIOがやや多い印象で、前半終了間際に関口選手が決めて(よんどころない事情でここだけ見逃した)先制した。

 後半は奈良が一層激しく球際に寄せてくる展開で、小山選手あたりが奮闘するが中盤では結構拾われた印象。それでも15分ごろに相手DFが後ろ向きになったところを寄せていた嘉茂選手がかっさらい、GKをかわして久保選手に折り返し、追加点を挙げた。
 ここから奈良のボールへの圧力がさらに増した印象で、各選手が攻守とも猛々しく動き始め、MIOのDFが低い位置に張り付けられてしまうシーンが増えた。MIOのCKかなんかの崩れから奈良の選手が抜け出して持ち上がり、金選手をかわしてゴール、さらに猛攻をしかけ、PA内でのハンドを誘発、同点とした。ここからはお互いに好機をつくるも、GKの好守などで決勝点は許さず、ドローとなった。

 2点差を追いつかれてしまった試合だが、2点とったのは久方ぶりということと、一応勝ち点ありなのでそうがっくりでもない。奈良との相性もあるのだろうが、いきいきした攻撃が何度も見られたのも大きいのかもしれない。関口選手の前半のドリブルはこりゃちょっと手が付けらんないな、という出来栄えだったし、小山選手のミドルもよかった。2点先行したので、勝てた試合だったのかもしれないが、終わってみれば決定機は互角だったように思う。
 気になった点は、ゲーム展開もあったのだろが、中盤で拾われ過ぎちゃったかな、というところだ。奈良の選手がセカンドボールにかなり貪欲だったことと、この日の展開で前線とDFが空きがちだったせいもあると思うのだが、あそこをもう少しでも拾えればもっと楽に試合を進められるだろう。不動の小山選手が縦横無尽に動き回るのは、MIOのやり方の柱なのだろうから、小山選手の相方(斎藤選手だったり、原口選手だったり、嘉茂選手だったり試しているようにみえる)とのバランスでなんとかなるといいなあ、と素人ながらに感じる。まあここは狙いとするところとの裏表の面もあるので、単純にはいかないのだろう。
 もう一つは、1失点目、抜け出した相手にパスが渡る直前の場面。相手のシュート技術をほめるところでもあるが、パスが渡る前にMIOの選手が足を滑らせてしまって、結果いいパスが通ったように見えた。気になったのは足を滑らせた選手が悪い、ということではなく、こういう細かいところが結局のところ勝ち負けにつながっていくんだな、ということだ。矛盾するのだが、ミスしてもチャレンジはどんどんしてほしいし、しかしここぞ、というところではびしっと決めてほしい。
 
 なかなか勝ち星はないが、なんだかんだいっても大敗したゲームはそうない。攻守ともに躍動感も出てきた。一ついいほうに転がれば、と信じている。

VS今治

 1-2で勝ち無しが続く。

 アウエーなので応援行けず。追いついたけれど終盤に突き放された模様。
 勝ち星が遠い彼方だが、1点差負け、というところがまだ救いか。大崩れしているわけではないのでチームの骨格自体がまったくだめ、ということではないと思う。先制点を許してしまう展開もさることながら、なかなか複数点が取れないのが厳しい。坂本、久保選手もけがなのかどうかわからないが、メンバーから外れているので監督さんもいろいろと試している最中ということなのか。関口選手を先発で、と思わなくもないが、切り札のほうが生きる、という判断なのだろう。
 JFL昇格後でも一番点が取れてないんじゃないかなあというくらいの感覚だが、攻撃の形自体がまったくダメ、ということではなさそうなので自信を失わずにどんどんシュートを放ってほしい。

U-15 MIO VS 京都紫光

 IMG_2632.jpg
  クラブユース選手権関西大会1回戦とのこと。
  2-0で勝利。

 トップのアウエーには行けない分、近所でやっていたのでいってみた。

 前半は両チームとも様子見の蹴り合い。時間がたつとともにMIOのほうがボールを保持するが、京都はMIOのトップに付いたCBの選手が素晴らしく、体格の差をものともしない競り合い、出足のよさでMIOボールをことごとく跳ね返していく。また、中盤の底の選手もボールを奪うと長躯して持ち上がる技術に優れ、カウンター気味に何度もMIOを脅かし、あわや、のピンチも。
 ボール保持しながらも、なかなか前に起点を作れないMIOだったが、時間の経過とともに、10番の選手が少し位置取りを下げて一度ボールを触る格好で徐々にリズムを作り出し、左サイドの選手のスキルフルなドリブルなどから崩し始めていったところでシュートも何度か生み出し、前半を終えた。

 後半に入ると、よりMIOの攻撃の精度が高まる。サイドだけでなく、中央からも細かいパス交換で突破を図り、京都を押し込め始める。ただ。、京都もカウンター時には右サイドのスピードとテクニックに優れた選手が何度もラインを突破し怖さを存分に見せつけた。MIOはトップの位置により大柄な選手を投入、好守をみせる京都のCBにぶつける格好にした。この交代が当たった印象で、京都DFライン前で大きくバウンドしたボールを、京都CBがまさかの目測ミス。頭を超えていったボールにMIOが反応し、GKの頭を越すループで先制した。これで京都が前に出てきた分、中盤にスペースができてMIOの攻撃が活性化。両サイドにどんどんパスが供給されれば、中央も空いてくる、という理想の展開で幾度も好機を迎えた。
 それでも、京都も中盤の底の選手をトップ下に上げて猛反撃を見せる。何度もサイド突破を図ってくるが、MIOの両CBの巧みな守備、SBの絶妙な位置取りで事なきをえる。試合終了間際に前に出てきた相手の裏を突いて中央突破、PA右寄りへ抜け出したFWが豪快かつ美しい弾道をゴール左で突き刺し、試合を決めた。

 中学生の試合なのでもちろんミスはあるが、それでも両チームともさすがにみんなレベルが高いな、と感じた。MIOの側でいうと、GKは落ち着き合って位置取りがいいし、両CBは体の使い方がいいな、と思った。右SBは目立たないながらもしっかり守備をしていたし、左SBは小柄ながら抜群の位置取りと確かな技術で攻守に貢献していた。左Wはスピードあるドリブルが効いていたし、ボランチの選手は展開力と狭いところで受けて違いをつくる動きがよかった。右Wは幾度も相手の裏を突く動きで頑張っていた。最初のトップの選手は相手CBに苦労していたが、交代で一列下がると、大柄なわりに細かいドリブルで幾度も好機を生み出していたし、交代で入ってきたトップの選手に関してはいうまでもない決定力だった。
 相手側もCB(たった1回のミスが失点になってしまって、MIOを応援している自分でさえ複雑になるくらい素晴らしい守備だった)、ボランチ、右Wをはじめ、いい選手ばかりだった。両チームの選手とも、さらに伸びて活躍してほしいな、と思える試合だった。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード