vs八戸

 0-0で勝ち点1積み上げ

 ネット中継でチラチラと見ることができた。画像の飛び具合が目に厳しく、細かいところはよく分からなかったが、八戸の執拗な攻撃に耐え、反撃の痕もしっかり残せた印象だ。タイプは違うが、後期初戦のHonda戦に似ているとも感じた。あわや、というシーンが何度かあったが、永富選手と両CB陣がしっかり体に当てて防いでいた。後半にMIOも好機はあったが、決定機は八戸が多かったので無失点で勝ち点1をとれたことは上々だといえる。前期ならば落としていたかもしれない試合だったといえるが、やはりCBがあれだけ強固に守れると、強豪相手でもそうやすやすとゴールを割らせることはなく、勝ち点確保につながってくることを再認識できた。
 この試合は馬場選手が中盤に入ることで、ボール回しも少し余裕を持てたように見えた。昨シーズンの序盤を思い出すようなシーンもあり、カウンターと遅攻を試合展開に合わせて使い分けられるようになってきたのではないか。
 攻撃陣に関しても、SBの攻撃参加を中心に、崩しの精度向上が定着してきた印象だ。八戸の守備陣も堅固だったのでゴールを割れなかったのは残念だが、手応えはあるように思う。あえて言えば、クロスの正確性アップだろうか。

 兎にも角にも、上位相手にこういう試合をして勝ち点1確保、という結果は今後に効いてくるはず。これからの試合もまだまだ楽しみだ。
スポンサーサイト

vs大分(再開試合)

  3-1で勝利の模様

 仕事でいけずネット応援だったが、勝利が一番。中断となった試合は、これまでの流れから少しいやな展開になりかけていたので、結果論だが頭からの再開試合でよかった、ということになろうか。ただ、酷暑の中、遠路2度も滋賀においでになった大分さんは、本当に大変だったと思う。
 坂本選手が連続得点、この試合2得点と当たりを戻してくれているのが心強い。今季は出場時間がさほど多くはないが、それでも点を積み重ねつつあるのはさすがに天性のストライカーということだ。今の調子を維持すれば結局シーズン終盤には昨季の得点数にたどり着き、昨季超えも可能なのではないか。
 今日の勝利で勝ち点を積み、シーズン順位で上を見ると中位陣との差はさほどない。一桁順位も視野に入れて戦える位置に付けてきた。上ばかり見ても足元を掬われてしまうが、モチベーションにもなると思うので今後の戦いに生かしてほしい。
 
 私事になるが、これから一年間、仕事関係の役をしないといけないことになった。ただでさえ土日も仕事でいけないことがあるのに、なおさら生応援が厳しくなる。しかし誰かがやらないといけないことはいけないので、我慢するしかない。ネット応援の方が勝率が高かったりもするので、MIOの勝利を心の支えにして役を務めたい。

vs今治

  3-2で勝利の模様。

 ホームながらよんどころない事情で観戦できずも勝利がなにより。前回書いた得点力に関する素人の心配が見事に外れてなにより。前期勝てなかった相手に勝ててなにより。明治安田生命さんデー&マスコットキャラのお披露目&作者さんご来場の日に、見ていて面白かったであろう打ち合いで勝ててなにより、である。
 こういう試合こそ生観戦したかったが、勝てばよし。初来場のお客さんも多かった中で、さぞ盛り上がったことだろうし、先々につながる試合だったのではないか、と、見ていないけれどそういいたい。

 関係ないけれど、ポメラは手軽にかける上にシンクロ機能があるのでWi-Fiさえあれば出先でもアップできるのでありがたい。全くどうでもいい更新回数を増やしたいもの。

点が取れない…

 今季はなかなか点を取れない。昨季11得点だった坂本、久保選手をはじめ、主力選手が結構残っているのに加えて新戦力も加入したのでせめて昨季並には、と思うがそう単純に行かないのがチーム作りの難しさだ。
 素人としては前でもちょっと下がった位置でもいいけれど坂本選手を先発させて中央に据えて、と思うが、コンディションや周りとの相性、監督さんの狙いが分かっていないのでなんとも言いがたい。また久保選手が出ている時に、FWに競らせるような長めのボールがよく出ていた印象で「もったいないな」と感じた。前線での崩しの精度やリズムが、昨季より向上しているのは間違いないので、フィニッシュに持ち込む形をいかに増やせるかだと思うのだが、ここまではFWが毎試合といっていいほど変わっているので、その度に試合で手探りをしているように見えてしまうのがもどかしい。
 また今季特に思うのはクロスのもったいなさ。昨季に比べても、両サイドを攻略できている場面が増えてきたが、肝心のクロスがラインを割ったりGKにあっさりとられてしまう場面が目立つ。毎回得点の匂いがするクロス、というのは難しいが、割に手数をかけて攻略しているのに、好機をみすみす潰しており見ていても「ああもったい」と頭を抱えてしまう。
 点が取れない半面、今季は失点シーンを見る方が多い。これも印象というか錯覚なのだろうが、相手FWはちょっとシュートコースがあったら打ってきて、それが簡単にゴールになるように見え「相手はこんな簡単に入るのに。MIOももっとシンプルに打てば入るんじゃないか」と思ってしまう。 素人ファンがいろいろ思う位だから、選手たちにもかなり危機感があるだろう。ただ、選手の技術や力量がないわけではないことはよく分かっている。不思議なもので、見ている側にとって、決まったシュートはいつも自信をもって放たれたようにみえるもの。自信を失わず、思い切りよく戦ってほしい。

vs青森

 0-3で敗戦の模様
 三重、Hondaといい試合をして大分戦の中断。この試合は見れていないのでなんともだが、前期の悪い流れに戻ってしまいかねないスコアではないかと心配する。後期に入って210分やってまだ無得点というのも気になる点。三重、Hondaの2戦で課題を克服できてきたと感じたが、相手も変わればそううまくいくことばかりでもないということか。
 優勝なり、少しでも上の順位を目指して全力を尽くす選手たちはもちろん応援している。その一方で応援している側として、そういう選手の意気込みを大事にしつつも「これで優勝できるのか!」という類いのプレッシャーのようなものをかけたくはない、とも思う。
 もちろん期待はしつつも、強豪だったことがないMIOを見続けてきたものとしては「今季はなんとか残留できればいい」という気持ちもあるし、得点が遠い試合を見る限り、そのあたりが妥当ではないか、という思いもちらつく。悲観的、ということではなくて「まあそううまくいくことばかりでもないから、どっしり構えていこう」という心境だろうか。
 とはいえ、選手は勝たないと気持ちが晴れないだろうし、点をとって喜んでくれるのがなによりなので、Honda戦のような試合をたくさんして少しでも笑顔になってもらいたいと願い、応援していきたい。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード