U-15 MIO VS 京都紫光

 IMG_2632.jpg
  クラブユース選手権関西大会1回戦とのこと。
  2-0で勝利。

 トップのアウエーには行けない分、近所でやっていたのでいってみた。

 前半は両チームとも様子見の蹴り合い。時間がたつとともにMIOのほうがボールを保持するが、京都はMIOのトップに付いたCBの選手が素晴らしく、体格の差をものともしない競り合い、出足のよさでMIOボールをことごとく跳ね返していく。また、中盤の底の選手もボールを奪うと長躯して持ち上がる技術に優れ、カウンター気味に何度もMIOを脅かし、あわや、のピンチも。
 ボール保持しながらも、なかなか前に起点を作れないMIOだったが、時間の経過とともに、10番の選手が少し位置取りを下げて一度ボールを触る格好で徐々にリズムを作り出し、左サイドの選手のスキルフルなドリブルなどから崩し始めていったところでシュートも何度か生み出し、前半を終えた。

 後半に入ると、よりMIOの攻撃の精度が高まる。サイドだけでなく、中央からも細かいパス交換で突破を図り、京都を押し込め始める。ただ。、京都もカウンター時には右サイドのスピードとテクニックに優れた選手が何度もラインを突破し怖さを存分に見せつけた。MIOはトップの位置により大柄な選手を投入、好守をみせる京都のCBにぶつける格好にした。この交代が当たった印象で、京都DFライン前で大きくバウンドしたボールを、京都CBがまさかの目測ミス。頭を超えていったボールにMIOが反応し、GKの頭を越すループで先制した。これで京都が前に出てきた分、中盤にスペースができてMIOの攻撃が活性化。両サイドにどんどんパスが供給されれば、中央も空いてくる、という理想の展開で幾度も好機を迎えた。
 それでも、京都も中盤の底の選手をトップ下に上げて猛反撃を見せる。何度もサイド突破を図ってくるが、MIOの両CBの巧みな守備、SBの絶妙な位置取りで事なきをえる。試合終了間際に前に出てきた相手の裏を突いて中央突破、PA右寄りへ抜け出したFWが豪快かつ美しい弾道をゴール左で突き刺し、試合を決めた。

 中学生の試合なのでもちろんミスはあるが、それでも両チームともさすがにみんなレベルが高いな、と感じた。MIOの側でいうと、GKは落ち着き合って位置取りがいいし、両CBは体の使い方がいいな、と思った。右SBは目立たないながらもしっかり守備をしていたし、左SBは小柄ながら抜群の位置取りと確かな技術で攻守に貢献していた。左Wはスピードあるドリブルが効いていたし、ボランチの選手は展開力と狭いところで受けて違いをつくる動きがよかった。右Wは幾度も相手の裏を突く動きで頑張っていた。最初のトップの選手は相手CBに苦労していたが、交代で一列下がると、大柄なわりに細かいドリブルで幾度も好機を生み出していたし、交代で入ってきたトップの選手に関してはいうまでもない決定力だった。
 相手側もCB(たった1回のミスが失点になってしまって、MIOを応援している自分でさえ複雑になるくらい素晴らしい守備だった)、ボランチ、右Wをはじめ、いい選手ばかりだった。両チームの選手とも、さらに伸びて活躍してほしいな、と思える試合だった。
スポンサーサイト

いろいろと騒動

  先日の青森戦の試合後、DJさんが判定に言及したことが不適切、とネットでちょっとした話題になった。帰り支度で頭がいっぱいで直接聞いていなかったのだが、対戦相手のサポーターさんからしたら「ん?」ではあるだろうし、ジャッジはジャッジなので言及するにしても、違った触れ方があったことは確かだろう。指摘した方が、青森サポーターの方でかなり不快になったのか、第三者的な方が気になって言及しただけなのか、そこのところが結局よくわからないが、次に生かしていく必要はあるだろう。
  
 DJさんの言及は事実ということなので、事実の部分がネットで流れたり、話題になってしまうのはやむを得ないが、その結果、普段からもてなし精神を著しく欠くDJさん、という印象が広まってしまうことは懸念される点だし、10年近く今のDJさんを見てきた身としても強く否定しておきたい。そもそも試合前には必ずアウエーサポーターさんに「○○サポーターのみなさーん、○○から滋賀へようこそ―」と手を振ってあいさつされる方だし、「こんなところがありますよー」と近場のグルメスポットや休憩場所なんかも案内されている。試合後は、いつも観客席に向かって「両チームに大きな拍手をー」と促していらっしゃる。MIOtotoが対戦相手のサポーターさんに当たった時でも「ぜひお土産にもってかえってください」、と温かく話されているし、暑い時、雨の時なんかもこまめに対策をアナウンスされる気配りの方でもある。人の印象はそれぞれだが、一度でもMIOの試合を観戦すればもてなし精神を欠いている、とはまあ大概の人が思わないだろう。
 天皇杯なんかでは観客席で観ておられるし、ずっとチームと歩んでこられて、連敗を抜け出したときは本当にうれしそうにされて、涙ぐまれていたこともあったんじゃなかったかな。私としては、今後もずっとMIOのホームを盛り上げていただきたいDJさんだ。

VSラインメール青森

IMG_2626.jpg
1-2で8戦勝ち無しらしい

     征矢
久保田中村宇佐美
    小山嘉茂
瓜生門司馬場稲垣
     永富

 メンバーを結構入れ替えて臨んだ一戦、青森はHONDAやソニーと比べればボール回しの精度がそこまで高いわけではなく、序盤からこぼれ球を拾ってわりにペースをつかむことができた。中村選手や征矢選手が一度収めてサイドにはたいて、そこから裏を取るという攻撃が機能し、両SBが相手陣内を深くえぐるシーンが出始めた。征矢選手も収めるだけでなく、ラインの裏を巧みに狙う動きを見せ、オフサイドにはなるものの、攻撃の幅を出していた。
 青森はHondaほどボール回しの精度が高くないとはいえ、高い身体能力と技術のある強力FW陣はやはり脅威で、少し下がった位置からパスやドリブルを繰り出してくる14番のからみで右サイドを何度か破られ、さすがの馬場選手も対応に手を焼く場面も多かった。それでも何度もCKを取り、前半終了間際にはゴール前で混戦を生み出し、シュートも放つがブロックされ、前半を終えた。

 後半開始からは、特に左サイドの久保田選手が躍動。ポストワークと裏抜けを巧みに使い分けようとする征矢選手、位置取りのいい瓜生選手らとともに左サイドで主導権を握る。半面、青森にはカウンターのスペースが生まれ始め、10分過ぎにサイドからボールを出されてゴールを割られ、一度はオフサイド判定があったものの、主審と副審協議の結果、ゴールとなった。また10分後には同じようにサイドからやられ、最後は高精度のシュートを決められ、突き放されてしまう。
 MIOも久保田選手らが惜しいシュートを放つなど、攻撃の形はできかけているものの、青森の守備陣を破れない。関口選手らを投入、終了間際には馬場選手を前線に上げると、ロングボールを馬場選手が頭で落とし、いち早く反応した関口選手が拾ってそのまま中央を強引に突破、威力のあるシュートを突き刺して1点を返した。最終盤には門司選手もパワープレーに参加したが、2点目はならず、試合を終えた。

  決定機の数は互角という印象だった。前半のチャンスで決めておけば、というところだろう。ファウルの基準など含め、?のつくジャッジが多かったが、人間のやることなのでいってもしょうがない。1失点目もやられていた形だったし、2失点目も寄せが甘いところをやられた。こちらは決めきれず、相手に決定力があったということだ。特に14番は嫌な位置取りから攻めてくる選手だったな。
  それはそれとして、試合自体はよかったと思う。ミスは少なかったし、攻撃の幅も広がりつつあるな、と感じた。なにより関口選手の鬼気迫るゴールはドリブルのコース、スピード、判断の速さ、シュートの強度と精度、どれをとってもどれだけ称賛してもしたりない素晴らしいもので、このゴールを観られただけでも十分満足であった。今季、関口選手を見る機会は多くないが、少しプレーに迷いがあったように見えた昨季とは明らかに違う凄みを身にまとっていると感じる。Honda戦もそうだったが、ボールを受けた瞬間、これは点はいるぞ、という空気になる。あのフィジカルとドリブルスピードをそのままゴールに向けてくることで醸し出される雰囲気なのだと思う。
 この試合もパスで崩しかけてはいたが、最後はそうそう相手も崩れてくれない。そこで一瞬のシュートコースを作り出すのは、最後は個人にかかってくることになる。選手のタイプややり方もあるので何とも言えないが、関口選手のようにバイタルで受けたら「シュートまで持ってく」動きがもっと増えると点も取れるようになるのでは、と期待している。

 スポンサーデーで子供のお客さんも多かったのに負けてしまったが、内容はよかったし関口選手のゴールでは大盛り上がりだった。試合後はサインを求める長蛇の列ができていた。8戦勝ちなしでも悪いことばかりでもない。下ばかりを向かなくてもいいのだ。

VS大分

 先制されたが稲垣選手のゴールで追いついての1-1の模様

 行けないアウエーゲームで当然見られていないが、連敗を止め、勝ち点を持ち帰ったことをよしとしたい。稲垣選手にゴールがでたのもうれしい。今季は結構力んだ感じでシュートを狙っているようにも思えたので、一発決まってくれると具合よく力が抜けて、もっと点をとってくれるのではないか。
 来週のホームゲームは仕事なのだが、なんとかやりくりして現地で応援したいと思っている。選手たちのラインダンスを見て仕事にいける展開を今から楽しみにしたい。

VS Honda

0-2で敗戦した流経戦はもちろん見に行けなかった&ちょっと私事で大変だったのですっとばして

1-6で負けるも5試合ぶり?の得点

    斎藤堀川
坂本        征矢
    原口小山
久保田門司馬場佐々木
      永富
みたいな感じではないか

  序盤よりテンポよくボールを保持するhondaの前に下がる展開を余儀なくされ、ボールを追い回す展開に。最初のほうは割に前からいっていたように思えたが、下げさせられたのか、意図的に下がったのか、すぐに中盤以下で待ち受ける構えにシフトした。とは言え相手はhonda、門司選手が長い手足を使って巧みに守ったり、人数をかけて壁を築いてしのぎ、奪ってもすぐに圧力をかけられ思うようにつながせてくれない。しかし、つなげた時は手際よく、ライン裏に好パスを配球できたのがこの日の大きなポイントだった。征矢、坂本選手あたりがサイドでボールを収めることができると、守備のリズムがよくなり、中盤とDFの間でボールを奪えるケースが増えてきた。こうなると攻撃も回数は多くないながらも活性化しはじめ、坂本選手がバー直撃のシュートなど2度ほど決定機を迎えた。佐々木、久保田選手の出足もよく、サイドからの攻めが目立ち、CKもかなり獲得、反対にhondaに決定機をほとんど与えなかった。「これはいい感じ」と手ごたえが出てきた前半終了間際、攻め込んだ右サイドで奪われたボールをあっという間につながれ、右サイドからの折り返しで失点し、前半をおえた。

  後半開始後も守備のリズム、攻撃のリズムともよい具合にスタートできた。ところが15分ごろにまたも正確無比かつ疾風のhondaのつなぎでサイドから攻略を許して失点すると、立て続けに点を失ってしまう。MIOの攻撃も悪いわけではないが、決定機までは至らないところ、交代で入った関口選手が左サイドをいきなり突破して試合をうごかすと、直後に、左サイドでつながったボールを叩き込んでようやくの得点を果たした。
  その後も攻め続けるが、前に重心を置いた分、hondaの速攻の餌食となり、6失点で試合を終えた。

  毎年繰り返している大敗だ。しかし、今回はまたか、という気分にはならなかった。前半の失点まではここ数年のHonda戦では圧倒的に素晴らしい出来だった。あの守備陣形とタイミングが意図したものなのかは分からないが、考えうる限り最上のやり方だったと思う。また攻撃も久々にゴールのにおいが濃厚に漂ってくるパスであり、突破であった。征矢選手は右サイドでいい動きをしていたし、坂本選手も守備であれだけ頑張って、攻撃でも決定機を生み出した。ゴールに迷わず向かう関口選手も見事だった。ということで、結構収穫はあったのではないか。
  もちろん、Hondaの攻撃が素晴らしすぎるとはいえ、我慢比べでまけたり、畳みかけられたり、前重心の後ろをつかれる失点をなくしたり、少なくしないと勝ち点にはつながらない。仕掛けや崩しも、やはりHondaの選手のほうが技術も高く、判断も速かった。内容がよくても結果は1-6で変わらない。試合を見ていない人には「また大敗したのか」という印象しかないだろうし、これまでのMIOの歩みや選手をよく知っている人ばかりでもなく、やはり負けは痛い。
  それでも、この日のピッチで内容がよかったのは事実だし、負けたゲームだけど内容があった、ということは決して小さくないことは心に刻んでおきたい。私事でさんざんなGW(というほど休みもなかったが)の最終日がこの試合ということになったが、不思議と心は明るく、足取りは軽かった。

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード