Twitter文学賞を巡って

 新刊をほぼ読まないので投稿したことはな「Twitter文学賞」を実施しているのは知っている。海外部門と国内部門に分けてその年に刊行された作ならば一人(1アカウントいが、ネットで書評家の方々が中心になって)一票があるそうだ。
 なかなか新刊を読まない自分にとって縁がない取り組みなので、結果も特に注目はしていなかったが、今年は加藤シゲアキさんの作品を巡ってのやりとりが目立ったので、興味深くやりとりを見ていた。一連のやりとりをみるまで加藤さんのことも作品も知らず、作品評などはできようもないが、加藤さんの懐の深い対応とファンや書評家の方々の真摯なつぶやきでひとまず丸く落着、よかったなという印象を受けた。
 
 また、加藤さんのファンや書評家の方々のやりとりを通じ、「小説の評価とは何か」を考えるいい機会になった。小説の評価でまずシンプルに思いつくのは「面白さ」だろう。「手に汗握る」なのか、「思わずうなる」なのか、「深く感心する、涙を催す」なのか。方向性はあれども「読み手の感情を大きく揺さぶった=面白かった」は極めて重要な要素だ。これでほぼ決まる、といってもいいのかもしれない。
 もう一つ、面白さに付随して「何を描きだしているか」や完成度も作品評価の要素だと考える。言葉の選択や並べ方で世界を浮かび上がらせる技法、あるいはこれまで思いつきもしなかったような世界の側面に焦点を当てる、といった部分は「作品評価」を考える場合に欠かせない。読書中は必ずしも感情を揺さぶらなかったり、難解だったりしても、読後にずっしりとした重みを抱えてしまう、長い目で見ればその後の世界観が変わってしまう本もある。設定やストーリー展開で感情を激しく揺さぶる本でも、読後に残るものは少なかったり、言葉遣いが雑に感じられる作品もあるし、その雑味があってもなお押し切るパワーを持つ作品もあり、実に多面的だなあと思う。
 さらに評価には比較対象が不可欠で、同じ能力や感性の人ならば、程度はあるにせよ、読めば読むほど評価の精度は高まる、と考えるのが普通だろう。ただ、そうはいっても冊数なんかきりがないし、有限の時間の中での読書経験は一回性の希少価値を有していることも間違いない。

 作品評価は真剣に考えれば考えるほど極めて難しい。自分も今まで読んだ本のベストを選べ、といわれても選びきれないだろう。選考委員会である程度の指針を共有し、鑑識力を備えた人たちが協議を重ねて選ぶ賞と、誰もが参加できる賞では選考基準がずれるのは当然だし、またそのずれには意味があるのだろう。作家さんや書評家の方々にとって、賞の位置づけや獲得の有無はとても大切なものだろう。しかし、一介の本好きとして無責任な立場で言えば、賞への投稿を通じ、自分なりの作品評価を行うことで、改めて作品に向き合ったり、自分の感性や批評眼を見つめ直したり、読書とはなにかを考えたりできれば、それは意義深いことではないだろうか。Twitter文学賞の要項なんかを読んでいると、運営の方々もそういったことも視野にいれておられるのではないか、と勝手に想像する。
 
 今回の件で言えば、一連のやりとりを通じて文庫になったら加藤さんの本を読んでみようかな、という気にさせられた。
スポンサーサイト

継続選手も発表!

 そろそろだと思っていたが、ようやく継続選手の発表があり一安心。背番号も決まり、あとは新卒選手が何人か入ってくるんじゃないかな、と推測する。
 新加入選手も含めると、長身選手がかなり増えた印象で、特にCBは誰が入るにせよ「高さ」は確保された。高さがあればいい、という
わけではないがセットプレーの守備、セットプレーからの得点向上があるのではないか。また門司選手がFW登録になっているので、CBの状況を鑑みるに今季は前で勝負なのかなと受け止めている。昨季は序盤は前で出ていたけれど、加入すぐだったので周囲と動き出しなどがまだあっていなかった印象だった。それからすぐにCBに回ったので、FWとしての力量は測れていない。身長だけでなんとかなるほど甘くないリーグだが、それでも門司選手は足元も確かだしキックの精度もあるので、使い方によっては主軸もあり得ると考えている。ポストプレーなどで攻撃に幅をつける存在としても期待したい。
 攻撃陣に目を転じると、坂本、久保、関口、嘉茂選手が継続となってほっとしている。ポジションが少し下がった位置でもなんだかんだ6得点の坂本選手はやはり欠かせないし、久保選手も不本意だったろうが、4点はとっている。関口選手は途中出場がほとんどで、大半が高難度の5ゴール。今年はスタメンで多くみたい。嘉茂選手はシーズンが進むにつれて攻撃のタクトを振るうようになった印象があり、今年は中心選手としてやってくれるのではないだろうか。
 中盤は小山選手の移籍、中村元さんの引退で流動的な面があるが、CB陣の面子によっては強さのある馬場選手をおけるだろうし、奈良クラブから加入の2人も期待できる。当然他チームも補強しているのでMIOの戦力アップが順位アップにつながるとは限らないが、やはりシーズン前は素人なりに組み合わせをいろいろ考えるのが楽しい。

高木和道選手加入

 継続選手の発表は未だないが、ないということは継続がほぼ決まっていると解釈してよいのだろうか。そうであることを期待している。
 それはそれとして元日本代表の高木和道選手の加入が決まった。MIO史上、というか、SAGAWAもふくめても滋賀のチーム史上最もビッグネームの加入といっていいだろう。年齢や地元出身という要素もかなり大きいのではないかと察するが、MIOにとってはかなりのインパクトだし、滋賀のサッカー界にとっても同様だろう。加入の知らせを知ったときには絶句して、本当かな、と公式HPを何度も見た。
 元日本代表ということで当然戦力として期待しているが、年齢もあるしJFLも開催時間や移動などハードな環境なので「これで鉄壁の守備が完成した」と考えるのは早計だ。強力なアタッカー陣をそろえるチームもあり、油断などできようもないし、コンディションによってはスタメンだって分からない。
 それでも、加入してくれた意義は大きい。代表やJ、海外を含めた歴戦の経験をチームに還元してくれるだろうし、若手選手の見本になる面はいやでも出てくるだろう。また、単純に元代表選手が加入した、というインパクトもある。MIOへの関心の高まりにもなるだろう。さらに、滋賀出身でJ1や代表を経験したベテランが帰ってくる、という形は、MIOや滋賀サッカー界が目指すモデルの一局面を体現している、といえるだろう。JFL昇格10年余でMIOが作り上げてきたチームとしての成長であり、さらにそのモデルにふさわしいチームになっていく必要性を示していると思う。

新加入始まる

 1月も半ばにかかりはじめ、ぼつぼつと新加入選手の情報が発表されてきた。今のところはJFL、J3からの移籍で、大卒選手はもう少し後なのではないかと推測している。これから力を発揮してくれそうな若手と、歴戦のベテラン、といった感じでなかなかいいバランス出ないかと思う。また、野洲出身の選手がいるのもよい。滋賀で育って外で活躍した選手が戻ってくる、という場を着々として築けているという証ではないだろうか。

 新加入はもう少しあるのだろうと推測しているが、希望としては中盤と最前線に屈強さを持った選手がいるといいな、と思う。継続されるという前提で、馬場選手や門司選手が中盤より前に来ることもあるのだろうが、昨季は前線、中盤での「パワー」を少し欠いた部分が苦しんだ要因の一つだと感じたので、改善されてほしい。監督についてもここまで何も動きがないので、年も明けたし中口さん3季目濃厚、と受け取っている。ご本人にとっては忸怩たるものがおありだろうから、3季目こそ攻守に鋭さを持った中口サッカーを花開かせてほしいし、きっと見せてくれることだろう。

新年のMIO成績祈願

 新年が明けても継続、加入情報はまだ届かないが、例年のこと。そろそろボツボツと発表があるだろう。どんな陣容になるのか全く不明な状況で、成績予想もなにもあったものではないが、一ファンとしての願望だけ記しておきたい。

①順位目標はとにかく残留。昨年ぎりぎりだったチームなので、自分としては大きなことを望める立場ではない、という心構えでいたい。とはいえ、やはり願いとしては一つでも上にいってほしいし、一桁に入れれば上々ととらえたい。
②得点に関しては、2桁得点者輩出を最低限の希望としたい。8点が4人とかだったらそれはそれでいいのだが。得点王争いに参加する選手が出てきたらもう万々歳。
③守備は、一試合の最大失点は3までにできれば。昨年も大敗ゲームは例年ほどはなかったが、チョロチョロという具合に失点を重ねてしまうことが多かったので、完封ゲームが9試合くらいあればこれも上々だ。

 と勝手な新年の願いである。Jを目指して本格的に動き始める?シーズンなので、シーズンが始まってからどんどん上方修正できればこの上ないが、今のところ過大な願望は抑制しておくとしよう。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード