vs大分(中止)

 前半30分で雷により中断→中止
   宮市
斉藤 中村 原口
  小山嘉茂
久保田馬場大杉稲垣
   石原

 強風だったこともあるのか、開始後から長めのボールをライン裏に出していく。次第にサイドも使いながら好機を作り始め、10分過ぎには前線で奪った宮市選手がライン裏に飛び出した中村選手に絶妙なスルーパスを届け、GKと1対1に持ち込んだがシュートはブロックされた。右サイドは原口選手と稲垣選手のコンビで割に崩せた印象で、優位を保つがクロスがずれるなどもったいない場面も散見、原口選手のミドルシュートもポストをたたき、ゴールとはならなかった。
 守備の方は寄せが一つずつ遅れたところを狙われて一度決定機を作られたがシュートが枠を外れてなんとか助かった。
 優勢を保ちながらも「さあここをつなげば」というところでミスが出るなど、HONDA戦の小気味よさはあまり見られず、相手につきあうような格好になっていたところで雷鳴により中断、そのまま中止となった。
 
 開始後の暑さもあったのだろうが、少々もったりした入りで、よくも悪くも相手に合わせてしまった感を受けた。30分での中止なのでなんともいえないが、前回よかった選手たちを変えたことで影響がでたりはしなかったのだろうか。せっかくサイドをモノにしてもクロスが3本ともラインを割ってしまうなど、攻勢をかけながら点を奪えないことで、いやな思いも頭をかすめた。やはりこういったところをうまくしないと勝ち点は重ねていけないし、前期の苦しみを繰り返さないようにしてほしい。
 ただ、この数戦で見えてきた、稲垣選手を起点にしての崩しや宮市選手のフィット感など、よい材料もたくさんあった。再試合はどうなるのか分からないが、次はもっとよくなることを期待したい。
 
 この日は柳澤選手から引退の挨拶。スーツ姿もかっこよい柳澤選手であった。
スポンサーサイト

柳澤選手引退

 柳澤選手が引退するとのこと。シーズン途中なのでびっくりではあるが、まずはお疲れ様、ありがとうございます、といいたい(お話ししたことはないけれど)。
 プレーを見る機会がそう多くなかったけれど、柳澤選手といえば、やはり軽やかで華麗な技術だ。ボールの持ち方、運び方に違ったものがあって見ていて楽しい選手だった。FC大阪戦だったと記憶しているが、相手クリアボールから、ダイレクトロングループシュートを決めたのには度肝を抜かれた。詳しくはないけれど、10代の頃は相当に将来を嘱望されていたそうで、その片鱗を見ることができてよかった、と思うし、それほどの選手がMIOでプレーしてくれた、ということに感慨も覚える。
 今後はどういう道を歩まれるのか分からないが、プレーと同様に、軽やかに楽しげに歩んでいかれるのだろうし、そうあることを願っている。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

vs Honda

 ネット中継をやっていたのでスマホで観戦できた
 0-1の惜敗

    宮市
原口 中村 宇佐美
   小山嘉茂
久保田門司馬場稲垣
     永富
 前半から前期対戦と似たような入り。まずはじっくり構えてくるHondaに対してMIOがサイド攻撃を中心につっかけていく。新加入即先発の宮市選手が幾度が裏に抜ける動きを見せると、ボランチ陣から中村選手あたりにいい縦パスが入り、そこから原口選手や久保田選手、稲垣選手あたりへ展開してHondaのライン裏へ抜けていく攻撃が光った。とくに左サイドでは、外→外ではなく外から内への崩しがみられ、幾度もゴール前へ迫るが、さすがにゴールは割らせてくれない。
 Hondaは当然ボールを奪い返すと鋭い出足でMIOゴールへ一気に迫る。さすがの速攻を繰り出してくるが、この日はラインをしっかり保ち、守るときは全員が戻るくらいの意識で簡単にはやらせない。24分にCKの跳ね返りから?失点してしまうが、大きく崩されるわけではなく、前半を終えた。

 後半はリードで余裕を持ったHondaに対し、時間とともに前重心になっていくMIO、という展開となった。右サイドの稲垣選手も高い位置で幾度も仕掛けるなど、猛攻を繰り出すが、Hondaも超高精度のカウンターで対抗、永富選手と門司選手が被決定機を2度しのいだ。坂本選手も投入し、ポスト直撃?のシュートを放つなど最後までHondaを脅かしたが、追いつけぬままゲームを終えた。

 ネット視聴の限りでは、前期と同じような展開で、決してスコアほど悪くなかった前期よりもさらにいい白熱した試合だった。決定機の数からみれば、スコアは妥当だけれども、負け試合の中ではベストゲームに近いといえるのではないか。サイド突破はかなり熟成されてきて、実況解説からも結構お褒めの言葉があった。守備も門司、馬場、小山選手を中心に、1点は取られたがベストといってもいいくらい良かったと思うので自信にしてほしい。
 ただ、負けは負けなので、こういう内容の試合をHonda以外にもして、勝ち点確保につなげていかないと意味がない。毎度毎度思うけれど、Hondaは何でもないトラップからしっかりしているし、MIOはクロスが大きく外れる場面が幾度かあった。このあたりがスコアや決定機に反映された、と思うのでさらなる向上の余地はある。そして向上した暁には相当なチームに化けていることだと思う。「MIOはやれるチーム」ということを改めて認識できた試合だったので、なおさらそう感じるのだった。

 初のネット視聴の感想。「しょうがないけれどカメラの高さがないので反対サイドはやや見にくい」「画質はスマホでは十分、ずっと見てると酔いそうになるが、DAZONでもそうだったからこれはしょうがない」「時計と得点表示などはないけれどまあ仕方ないし、かえって現地観戦の気分がでる」「解説がHondaのOBの方だったそうで、サッカーに詳しい実況の方ともあわせて、相当勉強になった。JFLなので初見の選手情報が少ないのはやむなし」「日向小次郎スタイルの門司(定着するといいな)」「MIOダンマクに言及あり、マイク位置などもあるかもだが、声はMIOサポさんのほうがよく入っていたし、しっかり聞き取れた。おお、今日はトランペットもある!とスマホ片手にテンションアップ」
 結論。ネット中継ありがとうございます!

「サッカー『しか』」への違和感

  どうしても気になったので考えをまとめておきたい。

 何日か前、サッカーしかやらない子はどうなるのか?との記事に触れ、話題になっていることを知った。「小さい頃はいろんなスポーツに触れたほうがいい」という結論には賛成だ。野球でもバスケでもテニスでもいろいろやったほうが、その子がいずれメーンにしたい競技に生きてくると思う。
 
 ただ記事自体にはいくつか違和感を覚えた。誤認があるとおもわれる野球とサッカーの体格の比較、極端な事例の一般化(サッカーしかやってない子は腕立てができない→サッカーしかやってなくてもできる子はできるし、個人の体格、発育差の問題もある、よその国の子はどうなの?などなど)、そもそも小学校の体育授業がないかのような前提(年間通したら結構な時間が確保されているし、水泳や跳び箱、鉄棒などいろいろやるはず)などがざっとしたところだが、最も強い違和感があったのは「サッカースクールではフィジカルや基礎運動をしない」という旨を核とした部分だ。記事のタイトルとつながってきて、筆者の問題提起の具体例としたい部分とおもわれる。
 
 これは一見その通りだと感じる人は多いだろうし、私もうなずくところでもある。スクールなりなんなりで、基礎運動やフィジカル部分をうまく取り入れるといいな(そもそもやっているところはやっているだろうが)、と思う。ではなにが気になるかというと、「ではどうしたらいいか」という筆者の提起がないに等しいため、「サッカー教室の運動指導がなっていない」という印象で終わってしまっているところだ。これが筆者の狙いなのかどうかは不明だが、「サッカー教室やその指導者」をあげつらって終わっていいのだろうか。

 いろんなスポーツを、という趣旨には賛同するし、サッカー教室で取り入れられれば理想的とは思う(繰り返すがやっているところはもうやっている)が、そもそも「サッカー教室」が全部しょい込まなければならない話なのだろうか。当たり前だけれど、「サッカースクール、クラブ」はたいていの場合、サッカー指導者がやっているし、サッカーをやるために通っている場所だ。筆者に倣って極端な例えを出せば、「英語教室に算数の計算能力アップの指導を求める」ようなものだ。勉強の場合でも、どの科目でも基礎的な計算力や国語力は不可欠だが、「英語教室に、英会話教師にそれを求めちゃう?」ということだ。もちろんできれば理想なのだが、できないからといって英語教室に責任転嫁する親も子もいないだろう。サッカースクールも同じことで、よりできれば理想だけれど、できないからと言って必要以上にあげつらわれるのはどうかと感じる。他競技の指導者も抱えたり、サッカー指導者に研修させるとなると、確実に負担は増える。
 もう一つ言えば、これはスクールと親なり子なりの選択で、おすすめはしないが、特性を打ち出すために「サッカー特化」をあえて選択することがあってもおかしくはない。「僕はサッカーだけ、がやりたいんだ」という子がいてもいいし、「サッカーだけを教えたいんだ」というスクールがあっても、それはその人たちの選択である。むろん、「ほかのスポーツもしたほうがいいよ」というコンセンサスは広まってほしいが、日本は筆者がベースにしているという共産主義国家下でのスポーツ理論に基づいた社会ではないのだから、それもありといえばあり、だ。スポーツは楽しみ、自発的なもの、とするなら「複数競技による効率的な育成」に背を向けるのも、極論すれば一つの帰結ではある。

 と違和感を書き連ねてきたが、「ほかのスポーツもしたほうが」という筆者の趣旨には、何度も繰り返すが私も賛同する。いくつかの違和感を除けば、問題提起としてはよいと思う。ではどうやって実現していくのか、だ。サッカーに限らず、野球なり水泳なり各クラブが自発的に別競技の体験を取り入れる、というのは理想的だが、ほっといてそうなるかというと心もとない。筆者もまさかネット記事で提唱してすべて変わるとは思っていまい。
 保護者や大人がそういうコンセンサスをもって、複数スポーツに通わせるなりなんなりする、というのも「そうする家庭はするし、しない家庭はしない」で終わるだろう。そもそも外遊びが難しくなっている地域が増えているご時世、単一種競技だろうが体を動かしているだけマシともいえる。
 個人的には学校体育の充実(すでに外部指導者導入などの動きもあるが)が、予算的にも網羅的にも一番いいんではないかと感じるが、これも運動が得意なこと興味もない子(運動に興味がないのは決して悪いことではない)も一緒のステージですることになるので、物足りなさはでてくるだろう。
 
 当然私も具体策を出せているわけではないのだが、それにしても「日本の現場の指導者は未熟で間違った知識と理論でやっているらしい」と、単にあげつらうような姿勢だけは絶対にとるまい、と思う。
 

宮市剛選手加入

 宮市亮選手の弟、剛選手が期限付き移籍で加入とのこと。J2の、J1にいたばっかりの湘南からの加入とあってMIO史上でもかなりの「ビッグ移籍」ではないだろうか。剛選手自体、宮市選手の弟ということもあるが、湘南加入の時は結構話題になっていた記憶がある。プレースタイルはまったくわからないが、FWということでお兄さんと同じくスピード系統なのか、それとも上背を生かしたタイプなのだろうか。いずれにせよ、選手層が一段と厚くなり、競争も激しくなってチーム力アップにつながってくれるはずだ。
 ネームバリューのある選手だし、力もあるはずで期待も大きいが、宮市選手の加入で心機一転すべてうまくいく、というほどJFLは甘くない。宮市選手自身、レンタル先も含めてここまでのキャリアはなかなか力を出し切っていない、という感じだし、シーズン途中から入って合わせていくだけでも結構大変なものがある。勝手に救世主的な期待をしょわされても困ってしまうかもしれない。
 それでもなお、宮市選手のブレイクとMIOの上昇曲線が軌を一にすることを期待する。「後がない」という本人の思いや、中口監督の手腕、ひょっとしたらコンバートなんかが一気に力を解き放ち、MIOのサッカーになじんでくれるのでは、と夢見てしまう。
 基本的に地味なチームのMIOであるが、たまにはこういう賑やかしいニュースもよいものだ。宮市選手のファン、サポーターのかた、あるいは「一度みてみるか」という県内のサッカーファンもMIOの試合に足を運んでくれるとなおうれしい。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード