極私的読書論

  「読書は必要なのか?」先日、新聞の投稿欄に若者の声が掲載され、ほかの読者からの反響も交えて、ちょっとした盛り上がりになった。「読書の必要性」あるいは「メリット」については割と定期的に出てくる話題だが、ネットがほぼ普及しつくしたかに思える近年だからこそ、意義のある問いかけだったといえる。中学生のころから趣味を聞かれれば「読書」と応じ、読んだ本を処分できず、本を携帯せずに出歩けるのは近所のコンビニまで(MIOの応援に行くときも必ず荷物にしのばせている。長期旅行だと5冊はないと不安)、という生活を送ってきた人間として、考えさせられるものがあったので、自分なりの見解をまとめておきたい。

  迂遠であるが「読書はなぜ必要?」という問いを考えるには、まず「なぜ読書をするのか=読書の目的」を明確にするところから始めたい。

  読書とは、あたりまえだが、書かれた文字、文章を読むことだ。ふつうは本を思い浮かべるが、書類だろうが論文だろうが、教科書だろうが家電の取扱説明書だろうが行為としては同じことだが、一般的に書店に並んでいる本について問われているのだろうから、その前提で考えることにする。つまり「読書はなぜ必要=本を読むことはなぜ必要」ということだ。

  本を読む、とは「何かを行うための情報収集行為」といえる。「何か」とは、仕事や学業に必要な知識を得ることだったり、家電製品を動かすことだったり、料理の作り方を知るためだったり、なんでもいい。
 しかしこれが「行うため」の段階になると、大きく2つの方向に分かれるように思う。
 一つは得た情報を「実用的に役立てる」というベクトルだ。仕事でも学業でも料理づくりでも、家電操作でも、幅広い分野がこれに該当しよう。
 二つ目は「楽しむため」というベクトルになる。趣味、娯楽としての読書だ。冒険物語に胸躍らせる、謎解きに頭を働かす、恋愛小説に心ときめかせる、私小説に人生を思う…といろいろあるが、要は読み手の楽しみのためにする読書だ。

 「必要なのか」を問う場合には、この2つのベクトルでそれぞれ「本が必要とされているのか」を当てはめるとわかりやすくなると考える。
 
  まず「実用的に役立てる」ベクトルのケースを考えたい。現在日本では年間相当な数の新刊が出ていて、仕事で必要な情報、勉強に必要な知識 、料理をおいしく作る手順、ペットの飼い方など、たいていの分野で本にまとめられている。これを読めばたいてい必要な情報は得られるだろうから、「その分野について知りたければ本を読むことは必要」ということになる。しかし、現代ではこの手の情報はネットでも得ることができ、特に本を買う必要がないことが増えている。スマホを開いて検索するだけ、という行為と、本の中身やタイトルを調べて購入して読む行為とでは、情報へのアクセスの手軽さがまるで違ってくることもあり「必要性」はネット以前と比べると下がっている。
 ただ、ネットが普及したといっても「情報の網羅性・体系性」ではいまのところ、本のほうに分があるだろう。ネットもまとめ記事などがあるとはいえ、まだまだ断片的な部分があるし限定された知識にとどまっている場合も多い。本が完璧、ともいえないが、例えば良質な新書などでは、その分野の説明に加えて、歴史や今後の課題や展望についても、専門家が参考文献などを示してまとめていることが多いので「役立ち度」はかなりのものだ。当然ネットも「網羅性・体系性」の整備が進むので、今後も本が優位性を保てるか不透明ではある。
 

  次に「楽しむため」のケースだ。本を読むことで見知らぬ世界の物語に浸る、悲劇に涙し、笑話に腹を抱える、などなど、実に多様な楽しみ方ができるものだ。哲学書を読んで人生や存在に考えを巡らすのも楽しみといえば楽しみといえる。だが、これも本固有のものとは言い切れない。演劇、音楽、映画、絵画、アニメ、ドラマ、舞踊などほかの表現ジャンルでもにもある要素だ。本も「一つのジャンル」に過ぎないともいえる。
  ジャンルごとに特性はあるものだが、本の特性をあげるとしてぱっと思いつくとすれば「文字表現自体の味わい」「文字という記録特長による歴史性を有している」ことだろうか。バイオリンの絃の強弱、役者のしぐさ、絵筆の運び方、というように、本には文字の連ね方、文章力による味わい、想像力の広がり方というものは確かに存在し、魅力の一つだ。また文字という記録性があるため、古いものでも同じように味わえる、、歴史性を持ちやすい、というのも特性であろう。これがために、演劇や映画など多ジャンルの元ネタは古い文学作品であったりすることも多く、相互作用はあろうが、多ジャンルにも多大な影響を与えているものの「元、あるいはそれに近いもの」を味わうことができる。

結論として「情報を得て何かする(楽しむ、を含む)」ために読書が必要であるか、と問われれば「本を読むことが目的達成に不可欠な場合は必要だが、読まなくても達成できる場合も往々にしてある」ということになる。本にしかない情報、本にしかできない表現なりを求めるのであれば読書は必要だし、そうでなければ必要ではない。至ってシンプルな結論である。


 と、論点をすっきりさせたいから細かく書いたが、今回出てきた「読書が必要か」論は、若者が読書の必要性を説く大人に投げかけた疑問で、一昔前の教養論への懐疑、つまり荒っぽくいってしまえば「読書しないと立派な人間になれないのか」ということだろう。
 「読書で知識教養が身に付き、考え方、人格が陶冶される」とは、一昔前では当たり前の概念だったし、私も周囲にそういわれて育ったし、そう思っていた。この概念は「役立てる」ベクトルになると思うのだが、これは上述したように、知識情報の獲得手段が本にとどまらなくなっている現在、説得力を欠きつつある。上述した本の特性から体系を理解して、論理的な考察を行うために、まだまだ読書は有用であるとは思うが、絶対不可欠の手段とは言い切れまい。
 また、本好きからの反響投稿でよくあるのは「違う世界を体験できる」「いろいろな考え方がわかる(身につく)」というものだ。本好きとしてそういう側面も実感するが、読書だけで得られるものなのか。やはり疑似体験でしかない部分もあるし、考え方の違う他人と実際に触れ合うことのほうが多様性への理解がより深まるのではないか。自分も本好きだから、本の優位性を押し出したい気持ちは当然あるが、この手のメリットを強調するのは結局「読書家の自分の優位性」をアピールすることが目的なのではないか、と思わないでもない。
  
 自分自身にひきつけていえば、きわめて平凡(以下かも)な学習能力しかない人間であるが、読書を趣味としてきたことで、例えば大学受験の国語や歴史分野はとくに勉強しなくてもそれなりの点数が取れたメリットはあったし、研究者の論文も(分野にもよるが)それなりに読めるようになり、仕事にも役立っていると感じる面は多々ある。映画も好きだが、どっぷりと活字を追う時間がやはり至福の極みであり「読書してきてよかった」とつくづく思う。
 好きで読んできた本だが「読書によって教養が付く、賢くなる、人間的に成長するのでは」といった、欲や見栄があった(今もやはりあるな)のは否定できない。「たくさん読めばそれだけ世界が、人生がわかる」「本をたくさん読んでる自分は偉いのでは」と、生意気にも思っていたころもある。が、結局こういうとりとめのない文章しか書けないし、この程度のことしか書けていない。

 そういった思いもふくめて、読書を通じていま漫然と思うのは「世界は一生かけてもほとんど理解できないくらい、とてつもなく広くて深くて、自分はどうしようもなく小さくて、だからそこで生きていくのは面白いし、生きていきたい」というようなものだろうか。高校生のころ、見栄はって我慢しながらドストエフスキーを読んでいて、担任の先生に「お前そんなもんわかるのか、退屈なんじゃないか」と図星をさされてうろたえていたら、隣にいた国語の先生が「それがいいんだよなあ、わかんねえなあ、退屈だなあ、と思いながらも読むってのがいいんだよなあ」と言ってくれた。「それでいいんだ。それも読書なんだ」と、ハッとなった。「わからないことも、退屈なこともこの世界や人生の一部だし、悪いことでもない」。そう思うようになり、以来「わからないこと」もある意味で楽しみになっている。
 
  新聞に投稿した若い人は、周りの大人に「読書しなさい」的なことを言われて反発するような面もあったのだろうが、根底には「読書を通じて何が得られるのだろう、自分の世界や人生がどうなるのだろう」という真摯な心情があるからこその問いかけだろう。 「読書はなぜ必要なのか」を「真剣に」問う人は、≒「自分はどうなりたいのか、ありたいのか」ということを考えているのかもしれない。だとすれば、その問いを深めて考えるためには、まず本を読んでみるといいかもしれないですよ、という当たり前の結論に落ち着くのであった。
スポンサーサイト

天皇杯の週

 全国各地では天皇杯1回戦の週末。残念ながらMIOは関係ない立場ではあるが、一週空いたところで気分を切り替えたり、戦術的な見直しをしたりでリフレッシュしてもらえるといい。ほんとうに年間上位を狙うなら、このあたりが踏ん張りどころなので、内容もさることながら、しぶとく勝ち点を奪う強かなゲーム運びも期待したいところだ。
 とにかく点が取れない試合が続く。ここのところの試合では、前線でボールを受けて、相手に寄せられてあわててパスを回したり、シュートを焦るような印象を受けてしまう。逆に、贔屓目の反対というか、MIOに入れ込んでいることを自覚しているからこそ、MIOの失点シーンなどは相手の選手の良さが目についてしまう。どの選手も、生き生きして、自信をもって仕掛けてシュートを打ってきているように思えてしまうのだ。点を取るというのはいいプレーがでたからこそでもあるので、そんなものかもしれないが、行けるところはMIOの選手ももっともっと自信を持て仕掛けていってほしい。相手DFにあたえる圧迫感も違ってくると思う。

VSヴァンラーレ八戸

0-1で3連敗、リーグ3戦無得点の模様

 今年は早くも連敗の波が来てしまった。いつ抜け出せるか、抜け出した後に勝ち点を積み重ねられるのか、先の見えないトンネルだが、毎年このトンネルを歩んでいるので、慣れている心境でもある。「上位を狙う」のなら、好調八戸相手といえど、勝ち点1は確保したいところだったが、点が取れないのではどうしようもない。なかなか今のやり方がしっくりこない、という面は当然あるだろうが、いってしまえば、やはり相対的な力不足なのだと思う。強いチームならやはり3連敗はなかなかないし、3試合無得点もそうそうない。残念ながらMIOの現状を反映した結果だといえる。
 
 選手たちは一生懸命やっているだけに悩みも深いのではないかと察する。あれこれ考えたり、焦りもあるだろう。アウエーでも熱く応援しているサポーターさんも多いだけに「申し訳ない」といった心境の選手もいるかもしれない。しかし、あえて極論を言えばそういった類のことは考えなくても大丈夫だ。勝負事だから勝ってほしいのは当然だけれど、MIOが勝っているから、強いから応援しているわけではない。選手が一生懸命であったり、縁があったり、MIOがMIOだから応援しているのだ。
 客観的に言えば、いくら頑張っても個人の力を上げても、相手がそれを上回っていたらどうしようもない部分があるのがスポーツの、勝負の厳しい世界だろう。一方で、それでもやるしかないのもこの世界。目の前のサッカーに集中して取り組んでいけば、それでいいと思うし、いいように転がるはずだ。これから負けがこんだとしても、そんな選手たちを応援していきたい。
 

次は八戸戦

  天皇杯県予選が終わったら次はリーグ戦。五分の星になったところで相手は好調八戸、しかもアウエーとなかなかの試練を迎える。今季一回目のヤマ場、といったところか。村上選手が今年も得点を重ねているのはうれしいが、対戦するとなると脅威以外何物でもない。
  MIOとしては当然今までのやり方を継続していくのだろう。となると、やはり個々のプレーの精度を高めていく、判断を含めたプレースピードを上げていくことに尽きると思うので、選手たちは大変だろうけれど突き詰めて頑張ってほしい。また、決まり事、コンセプトは当然あるとしても、局面によってはもっと個人で大胆に仕掛けてくれてもよいと思う。上位を狙うには、グループ戦術だけでは難しい部分があると思うし、個人でもやれる選手がそろっているはずなので、バランスを取りつつも大胆なプレーも求めたいところだ。事情や戦術もわからずに勝手なことを言えば、関口選手をFWの位置で起用してくれないかなーと願っている。

  今のところ、新加入選手については恩田選手がしっかり計算立ちそうなのと、堀川選手の動きの良さが印象的だ。堀川選手は1試合しか見れていないが、十分に経験を積んだ選手の動きで、先発でもまったくおかしくないな、と頼もしく感じた。恩田選手は若い割には落ち着いた印象で、大杉選手あたりから一対一の寄せ方などを盗めば、かなりのCBになれるのでは、と感じた。
 瓜生選手も当然良いのだが、かつての山田選手のルーキーイヤー前期と同様、能力の高さと比較して遠慮がちなところが目につくように感じた。山田選手もはじめは少し遠慮したようなプレーが多かったが、ガイナーレ戦でPA内に強引に割って入るプレーで得点につなげてから本来の能力が十全に発揮された印象がある。瓜生選手もクロスが素晴らしいと感じるので、もっともっといいところが出てくると期待している。

  ソニー戦、びわ大戦でやや心配だった点があるとすれば小山選手。決して小山選手のプレーが悪いということではない。小山選手が豊富な運動量でボールに寄せていく、インターセプトやハントして攻撃にリンクされる、というのが守備の肝の一つなのだと思うが、小山選手とてすべてのボールへのアタックが成功するわけではない。アタックが外れてしまったときのバランスのとり方で苦慮しているように映った。ここはチーム全体で修正していくべきところなのだろう。
  またいわゆる「パッサー」がいないのもちょっと気になった。パス出しに特化している必要はないし、チームのやり方もあるので一概には言えない。びわ大戦を見ていると嘉茂選手あたりがその役割を担っていくのかもしれないが、久保選手や斎藤選手を生かすには短中距離でのスルーパスも欠かせないと思う。かつてSAGAWAには山根選手というリーグを代表するパッサーがいたので、嘉茂選手も山根選手のような存在感を発揮できる選手になってほしい。

17年滋賀FA杯決勝 VSびわこ成蹊スポーツ大

0-1で3連覇ならず。

     斎藤久保
久保田       坂本
     嘉茂小山
  瓜生馬場恩田稲垣
       永富    みたいな感じではなかったか。

 出だしこそ速いプレスで相手DFを戸惑わせ、前から奪う球際の強さを見せる。しかし取り切れない展開が続くと、びわ大のスピード感豊かな速攻に手を焼き始めた。切れのあるカットインやFWへの縦パスを、寄せてはいるものの止められず、簡単に前を向かれてきわどいシュートを3度ほど放たれてしまう。それでも社会人らしい体の巧みな使い方を生かしてサイドでボールを保持。特に斎藤選手と久保田選手、瓜生選手の左サイドから切り崩しにかかり、そこから右に展開しての稲垣選手のおしいミドルなどで盛り返しにかかった。
 ところが、左サイドでの細かいパス交換が幾度も引っかかったり、息が合わなかったりしてリズムを失いだす。そうなると前線への長いボールに切り替えてもチャンスにはならず、はじかれたボールに寄せても奪いきれず、逆襲を食らう場面が出始める。FWと中盤以下の距離が空きはじめた30分ごろ、MIOの中盤以下が守備のため右サイドに一斉に寄ったところをきれいにサイドチェンジされ、相手右サイドが楽々フリーで鋭いボールを送り込むと、頭であわされ、先制されてしまう。
 再度盛り返しにかかるも、距離感の悪さを引きずったままで前半を終えた。

 後半すぐに原口選手を坂本選手に変えて投入。すると原口選手がワイドに開いた位置に構えてボールを受け、的確なパスとドリブルを使い分けて切り崩し始める。守備面でも効果的なポジショニングでリズムを取り返し、攻勢にでるが決定的なシュートまでは至らない。前に重心をかけた分、鋭いカウンターも何度かくらい、永富選手や恩田選手の好守で2失点目をなんとか防いだ。堀川選手らを投入、馬場選手を前線に挙げる布陣でゴール前に迫り、決定機も作ったが、決めきれず、タイムアップとなった。

 びわ大の前線はいずれも切れのある選手がそろっていた。もう2失点ほどしていてもおかしくなかったかもしれない。しかしそれを差し置いても「自滅」の感もある試合だった。ソニー戦の時もそうだったが、寄せに行くけれど奪いきれない、寄せてはじいたボールが相手にわたってしまう場面が頻発していたし、サイドで細かく回して成功するときもあるが手数をかけ過ぎた結果、相手に引っかかったり、ミスして、みすみす好機を逸する、好機を作れないシーンも多かった。中央も相手DFの数が多かったが、シンプルにシュートしたり、仕掛けたりする場面がもっとあってもよかったと思った。あまり上背のないFW陣だったので、ロングボール一本はキツイものがあったし、特に前半はシュート自体が少なかったのではないか。 後半に入り、原口選手が入ってかなり改善されたが、前半のうちに修正したいところだった。
 また、前半に先制される毎年の悪癖は今年も治らなかったのは残念だ。学生さんを軽く見ているわけではもちろんないだろうが、こうも毎年繰り返すと「またか」という気になってしまう。やはりこの日のように決定機自体を多く作れず、最後の精度も欠いてしまうとこうなってしまうので、先に失点するのは何とか回避してほしい。

 まあ負けたものは仕方ないので、はっきり浮かんだ課題を修正してリーグに切り替えてほしい。原口選手はさすがの働きだったし、恩田選手も頼もしかった(カウンターのシュートタイミングを見極めてのタックルは素晴らしかった)。瓜生選手も鋭いクロスを連発できていた。リーグにも生きてくると信じている。

 負けたのは残念で悔しいが、びわ大には滋賀代表として本大会で勝ち進んでほしい。攻撃の鋭さは十分通用すると思うので、大会を沸かせる躍進を願っている。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード