VSソニー仙台

IMG_2182.jpg
0-2で3戦無得点


   斎藤中村
関口      坂本
   小山原口
久保田馬場大杉稲垣
    永富       こんな感じか。

 序盤からソニーのDFとFWの強靭なフィジカルに苦しめられ、防戦一方の展開が続く。ソニーのFWは体は強いは動き出しもパスもいいはで、入ってきたボールをほとんど支配され、そこを起点に幾度もサイドやラインを突破される。それでも久保田選手の懸命なシュートブロックなどで窮地をしのぐと、15分過ぎから少しずつMIOにも攻撃の時間ができ始める。プレー位置を少し下げた坂本選手や中村選手がボールをキープしている間にSBなどが駆け上がっていく格好で、外連味のないパス交換から幾度かいいサイド突破を果たした。しかしリズムをつかみつつあった30分ごろ、坂本選手がゴール前での接触プレーで久保選手と交代を余儀なくされる。するとまたもやセカンドボール奪取で優位にあったソニーが盛り返し、40分過ぎにMIOのCKからのボールを拾われて一気呵成の速攻でDFラインを破られ、失点。そのまま前半を終えた。

 後半はMIOがやや前に重心をかけた、とみた。DFラインからボランチに入ったボールを素早く回す攻撃ができるようになり、幾度か好機をつくる。守備陣もなんとかソニーのフィジカルに対抗しだし「そろそろ同点も」と期待がたかまったが20分ごろにハンドか何かでPKを取られ、突き放されてしまう。こうなると点を取りに行くしかないMIO。かといって前に出過ぎるとソニーに一発でやられてしまう、というジレンマの中、SBの位置を高くしつつ、CB陣が追加点を許さない獅子奮迅の働きで久保選手のシュートや中村選手の絶好のヘッドなど決定機をつくったが、相手GKの好守もあって点を奪えず試合を終えた。

 点は取れないし勝ちは遠い。試合後の選手たちの表情もさえなかった。ソニーは確かに強かった。Hondaのパラメータの連携をちょっと下げてフィジカルに移したような感じで攻守に隙は少なかった。特に守備では久保田選手のドリブルへの後ろからのタックルや、中村選手へのチャージなどファウルにならずに、かつ相手を倒すくらい強くいっていて「うまいなあ」と感心した。攻撃面でも、MIOのサイドでのパス回しは往々にしてタッチラインを割ってしまうが、ソニーはあんまり割らない。こういう点でも精度の差を感じた。
 しかし、かといってMIOがダメだったとは思わなかった。しっかりファイトしていたし、早いパス回しはソニー相手でも通用しているところはあった。後半のきわどいバランスでのゲームの進め方もよかったと思う。一点取れば変わると思うので、自信をもってやってほしいし、やってくれるだろう。

  この日はなんとヴィトル選手の引退発表。足のケガとかでやむを得ない。プレーしているところを観たかったが、次の人生にも幸多いことを願うのみだ。

 また朝日新聞の滋賀の販売店デーでもあり、企画盛りだくさん。1000人超のお客さんの中、コレオもあり、日刊スポーツの題字を使ったMIOのチラシ配布もあり、と華やかなゲームだった。だからこそ勝つなり点をとるなり、と思ってしまうが、そうだからといって点が取れるほど甘いものではないし、選手たちのファイトする姿勢は伝わった、と期待したい。声出しサポーターさんのところには子供たちも来てくれて、一緒に声を出して飛び跳ねていた。最後まで「点とろう」と応援してくれ、とても良い雰囲気だったと思う。こういうゲームを積み重ねていくことで先も見えてくるのだと思う。
スポンサーサイト

年齢と読書

  若いころは「40過ぎたら藤沢周平とか平岩弓枝とか山本周五郎あたりの時代モノを読みまくる読書生活を解禁しよう。それまでは海外・古典モノをしっかり読もう」と決めていた。もう解禁年齢に達したが「目が本格的に悪くなる前にもっと古典モノ読んどこう」となっているな。「三侠五義」あたり、ずっとよみたいと思っていた最近やっと読めたくらいだし、とても全部すくえるはずもないが、まだまだ取りこぼしているモノは多い。なかなか手が出なかったプルースト読んでおきたいな。ジョイスの「ユリシーズ」も最初はしり込みしていたけれど、読んだらやっぱり面白かったし、最後の「イエス」は結構ずっしりくるものがあった。
  フィッツジェラルドが好きになって、よりその世界を味わいたくなって、カーヴァーなどもふくめて原書も読み始めるようになったので、読みたい本が増えたし、読むべき本がどんどんたまってしまう状況は永遠に続いていくのではないかと思わされる。

 社会人になっての読書傾向は大別して
・フィッツジェラルド中心とした米文学
・岩波文庫の赤帯
・中国古典+金庸はじめ武侠モノ
・戦記、歴史系
・ライトノベル
・日本の人気作家
 というところ。古典を中心に読めている、ということは最近の流行作家さんを追いかけられていないころでもある。かなり面白いものを取りこぼしているのだろうなあ。良質な新書とか評論ものもあまり読めていないなあ。視力は下がっても、読書欲は下がりそうにない秋である。

VS マルヤス

0-0で2試合連続完封も2試合連続無得点の模様。

 内容はよかったらしいので、失点しなかったことを前向きにとらえればいいと思う。攻撃は水物なので、点が取れない時期がきて、そこを無得点でしのいで勝ち点1は取っている、というように考えたい。選手はいろいろ思うところはあるのだろうが、次のゲームにぶつけてくれればいいのではないか。

日本代表と育成と

  ひさびさにMIOを少し離れて。

  ヘルタの原口選手好きなので代表の試合もみるが、最終予選2試合を終えて一勝一敗という結果なので、メディアで目にする「危機感」は20年以上前にサッカーを見始めてから初めてかも、というくらいすさまじいものがある。仏W杯予選でも当然危機感報道はなされていたが、代表の力との相対関係でいうと、やはり今回が最大級のものではないか、と感じる。
  わからないではないし、こういう報道があるほうが健全ではある。それでも、時としてちょっとやり過ぎかな、とも思う。例えば「UAEが普通に強かった」という評がある。もちろん弱くはなかったし、日本のつまらないミスがあった。しかし、あの試合の日本とUAEの祖試合内容を取り換えて日本が勝ったのなら、メディアは日本を評価するだろうか?「相手に助けられた運の勝利」「内容では圧倒されていた」というのがせいぜいだと思う。タイ戦では「ゲームコントロールが拙かった」という評論を見た。その通りだと思う。リードしてるんだから、後ろでタラタラ回して時間使って、相手がじれて来たら得点を狙えばいい、と思う。しかし、そうしていたら「得点してからペースが落ちた」と評してきたのが、専門誌も含めてこれまでの日本のメディアだ。長年にわたって、これどう考えてもただのTMだろう、という程度の親善試合にもことあるごとに細かい注文をつけているのだから。選手もチームも「すべての時間帯で点を取れる試合をしないと批判される」という意識が刷り込まれてもおかしくはない。
  高い要求を突きつけるのは大事だけれど、スコア差=実力差ではないのだし、そのあたり特に専門誌やちゃんとしたライターさんがうまく伝えてほしい。見聞する限りでは、「指摘するべきところは指摘し、見極めることろは見極める」点で、日経新聞が一番バランスの取れた評論になっていると感じる。

  同時に湧き上がってくるのが「育成」問題。これも20年以上前からいろんな切り口から語られているテーマで、常に大きな命題としているのは日本サッカーのいいところだ。しかし、こちらも代表の不調と合わせて「失敗」だの「危機」といったヒステリックなワードが目立ってきたように感じる。こちらに関しては、大きな方針はともかくとして、いいすぎることで現場の指導者に対して失礼だったり、的外れな指摘になって、現場の意欲をそがないかな、という心配がある。この場合の育成は、小学校から高校年代を指すのだろうが、この年代は多感な頃でもあり、「一つのことを集中して聞いてもらう」「わかるようにしっかり伝える」だけでどれだけの根気、労力を必要とするのか、学校の先生なり、塾講師の経験者なり、保護者なりだとすぐにわかることだと思う。意識の高いサッカーエリートの子供たちだって、サッカー以外のいろんなことに関心があって、遊びたいのは当たり前。みんながみんな、海外や代表を目指しているとも限らない。そういう子を相手に「個の力で戦える」「戦術理解度を上げる」といった、ともすれば漠然とした大きな方針を、コーチングなり、練習メニューなりで具体的に現場に落とし込んで、意欲をもって継続させていくことがどれほど大変なのか、もう少し想像力を働かせたほうがよい。
  「サッカー批評」を読んでいたら、高校の指導者の方が「小中学生年代の指導者にもっと光を」という旨のことを言っておられた。現場をよく知っておられる人の発信だけに重みがあるし、「育成問題」を指摘しておけば、なにか鋭い切り口の特集ができたような気になっているサッカーメディアはよく考えてほしい。

明治安田生命デー

 昨日は昨年に続いての明治安田生命滋賀支社さんのスポンサーデー。水口で1000人超えはさすが明治安田生命さん。関連イベント開催や、ゆるキャラ登場もあって会場周辺を賑わいのある空間にしてくれた。当たり前だけれど、来てくれている方は必ずしもサッカーに興味がある層ばかりではなく、いい勝ち試合をしてもMIOの試合に継続して足を運んでくれるかというと、そうは限らないだろう。それでも、明治安田生命さんとMIOができるだけ長くパートナーを組んでいければ、年に一回とはいえ「ああ今年もMIOのサッカーにいく季節だね」と、会社の運動会に行くような、風物詩的なものになっていく可能性もあるし、そうなってほしい。

 そのためには明治安田生命さんに限らずだが、スポンサーになってよかったな、と感じてもらわないといけない。その意味で、昨日の久々のふれあいサッカーは、やはり何度見てもよい光景だなあと思った。選手に「一緒にサッカーして」と駆け寄っていく子供さんが多かったし、選手全員のサインをコンプリートしようとする子たちもいて、実にほほえましい光景だった。小規模なりといえど、MIOが築き上げてきた県内に自慢できる風景だと思う。いろいろと制約はあるだろうが、この光景をチームの存在意義の原点というか、核みたいなものにして戦っていってほしい、と思う次第であった。
プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード